すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:自分の中の少数派 必須要素:ケチャップ 制限時間:4時間 読者:0 人 文字数:587字
今日の夜ご飯はコロッケだった。食卓には、ソース、ケチャップ、マヨネーズが並んだ。「コロッケだったらやはりソースでしょう」「いやいや、マヨネーズも捨てがたいですぜ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:暗黒の流刑地 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:487字
好き勝手食い散らかして、数え切れないほどの魂をため込んで。海に生きる者共の恐怖を一心に背負った俺が、神から言い渡されたのは世界からの追放だった。ため込んだ魂も力 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:左の春 必須要素:東京 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:756字
22時過ぎの某路線。人混みに流されて、出口付近の手すり棒から引き剥がされて、川中のような場所へたどり着いた。東京生まれ東京育ちなのに、満員電車での通学も通勤もも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:左の春 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:826字
左と言う男は恋をしない。顔は最高に整っており、性格も問題はない。老若男女に好かれるであろう人間だ。いや、好かれている。僕も左のことはとても好きだ。それは尊敬の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:蓋然性のある同性愛 必須要素:400字以内 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:400字
同棲できると思えた人がいた。小学校から一緒だったAだ。特に仲良しでもないが互いにいい距離感をとれるのが彼だけだった。 Aは東京が好きで中学あたりから行きたいと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穢された絵画 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:720字
賑やかだったお屋敷は静まり返ってしまった。いつもであれば家族で過ごされている薔薇園も休日の午後だと言うのに誰も居ない。広いお屋敷の中を走り回るお嬢様の笑い声も 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:頭の中の母 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:871字
『いつまで寝てるの。いい加減起きなさい。』母の言葉に、厭々ながらも瞼を開き、時計を確認する。午前7時17分。ああ、そろそろ動かなくては。離れがたい、と思いながら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:頭の中の母 必須要素:節分豆 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:474字
僕にとっての母は僕のために笑わない。子供にすら自らの素顔を知られたくないためだろう。 僕が母の元で生を受けてから10年。僕はまともに母の笑顔と言う笑顔に触れて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大好きな錬金術 制限時間:4時間 読者:6 人 文字数:74字
とある男の錬金術その男は金に困っていたそこには嫌いな上司嫌いな上司を飲みに誘い 裏路地へと連れ込み ○す死体は錬金術で金にした。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sakura お題:俺の幻想 制限時間:4時間 読者:10 人 文字数:2067字
暗い空間にいる。どこまでも続き、果ては見えない。代わりに空からぽつぽつとぶら下がるものがある。近づいて見ると、それは提灯のような形をしていた。中に淡く光る何か 〈続きを読む〉