すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕と消費者金融 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:495字
お金というのは気付いたらいなくなっている。 置き手紙を残して消えたうちの母親みたいなものでいちど愛想を尽かすと帰ってくることはない。 だから自分の愛ってやつを 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:赤い借金 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:1612字
「血……血みどろ……ッ!!」 私は驚いた。何故ならいつものように金を借りにジェバンニの家に行き、ドアを開けると血溜まりの中にジェバンニが倒れていたからである。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに酒 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:433字
俺はアルコール中毒「ふっえーもっと酒もってこい」娘の幸子は助手がわりだ。お父さんもうお酒ないよ。バシッ「いいからさっさと買ってこいよ!」いつだってそこには酒があ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:大好きな勇者 制限時間:4時間 読者:18 人 文字数:1842字
空気の割れる音を聞いた。「ハハ──ッ」圧迫された気流が荒れ狂いながら、振り下ろされる大剣に纏うようにして道筋を開く。場違いな笑い声を塗りつぶす圧倒的な轟音、次い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:過去の人 制限時間:4時間 読者:8 人 文字数:3169字
母が死んだ。私は夕日の差し込む窓のそばの席に座る。運ばれてきたエスプレッソには口をつけず、通りを行く人々を眺め、ゆっくりと時を過ごしていた。母が死んだ、その事実 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:メロンソーダ403 お題:彼女が愛した液体 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:1979字
スチロールに粘土を盛る。肌を磨く。薄く下地を乗せていく。白い素地の人形が出来上がった。私が人形を作るのはこれで三体目だ。初めは不格好な人形しか作ることができなか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:腐った天才 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:757字
僕は、天才だ。昔からなんでもできた。他の人が難しいと言っていた問題も、僕には簡単に解けた。テストも、百点以外取ったことがない。ある日、お父さんから「都会に行って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
抜毛 ※未完
作者:おいしいみず お題:ゆるふわな抜け毛 制限時間:4時間 読者:34 人 文字数:966字
かの少年が裁かれるという噂はこの狭い町で瞬く間に広まった。人から人へ伝染していくそれは町民たちの思考を支配し、もはや一種の病のようだった。 私はこの町の誰より 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:笠井積木 お題:高貴な団地 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:3338字
金属バットが風を切り、小さなボールが高く高く、空の果てまで飛んでいく。「やべっ!」 小さな公園の入り口に植わっていた、椿の垣根をあっという間に越えて、ボールは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
バラ ※未完
作者:おいしいみず お題:彼女の百合 制限時間:4時間 読者:31 人 文字数:141字
卓上に飾られた花瓶の花を撫ぜ、彼女が物憂げにため息をついた。固く閉じられた大きな蕾はうすく色づいているけれど、未だ開くきざしはない。「まださかないの」 私が言 〈続きを読む〉