すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:未熟なぬくもり 制限時間:4時間 読者:16 人 文字数:1296字
その日は珍しくどしゃ降りだった。小学生の小さな傘では体を守りきれない雨の中、私はぐしゃぐしゃに崩れた段ボールを見ていた。中には水分を吸いすぎてべちゃりとしている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:絹糸 お題:計算ずくめのゴリラ 制限時間:4時間 読者:21 人 文字数:2630字
スーツって筋肉隆起し過ぎても似合わないんだなあと前の後輩を見て思う。スーツの上からでも分かる筋肉ってなんだよ。顔も毛深くて口も少し前に出ている。けれども肩をきゅ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:黒剣 お題:誰かとゴリラ 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:4895字
~今見た夢を書く~ 注意:お題カチ無視僕らは海の中に住んでいた。深すぎなく浅すぎなく 光は軽く届き 薄暗い中、沈んできたものを家にして仲間と友達と兄弟と親友と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夏の熱帯魚 制限時間:4時間 読者:4 人 文字数:487字
この星にはいかにも珍しい熱帯魚が住んでいる彼らはオジ魚という。オジ魚は人が食べない物を食す。その名もオジ虫、オジ虫はウジ虫ににた名前だが全く生態が違う。ハエは汚 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⭕ランド お題:夏の熱帯魚 必須要素:眼球 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:2540字
春先、高齢のため施設に行くことになったという客から、貰ってくれないかと言われ譲り受けた熱帯魚がいる。色鮮やかで、優雅で、正しく飼えばかなりの年月を生きると聞いた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:sayo(さよ) お題:記録にない喜劇 制限時間:4時間 読者:22 人 文字数:3268字
「そうなの。笑っちゃうでしょ」 コーヒーカップを持ったままそう言う彼女は、笑っているようでもあり、泣きそうでもあり、どこか何かを諦めたような表情でもあり、――そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:プロの銀行 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:4時間 読者:2 人 文字数:1532字
とある町の話その街は観光地として賑わいを見せていたが一つの問題があった。観光客の品性の問題か、いや違うどこか牧歌的でありながら歴史の重さを感じられる町の環境客の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:免れた秘部 制限時間:4時間 読者:20 人 文字数:1332字
私は左手に手袋をはめる。これは日課だ。これで私は安心して1日を過ごすことができる。 今日は生憎の雨、通気性のよい手袋であるがやはり蒸れる。それでも外すことは出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:慧羽(ペーパープラン) お題:夜の猫 制限時間:4時間 読者:20 人 文字数:1102字
仮にも「何かに変わる」ということも「元を失う」という意味を含んでいる。つまりは「自分が変わりすぎると、自分じゃなくなる」ということだ。まあ、普通は杞憂だろう。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少女のボーイズ 必須要素:弾丸 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:1634字
彼女は美しい。 彼女は女のものでも、男のものでもない美しさを持つ。 僕はそれが好きだ。このうえなく。あの儚く、不安定で、今にも消えてしまいそうな彼女が。 彼女 〈続きを読む〉