すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:ととのえ お題:汚れた絶望 制限時間:4時間 読者:13 人 文字数:1753字
安寧の時には意識が霧散する。 目の前のこと。隣にある温度。昔のこと。思い出にならない一瞬の記憶の凝固。わたしが過ごした1日1日に、わずかずつの単位でわたしの意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:今日の孤島 必須要素:二号機 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:3581字
島仁里香(しまひとりか)が孤島に辿り着いたのは、乱気流に巻き込まれて不時着した飛行機が着水した際、海に投げ出されて運良く島に漂着したからである。 里香は高校二 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:おいでよこだわり 必須要素:挽き肉 制限時間:4時間 読者:12 人 文字数:11524字
即興小説に挑んだとある男は思った。 また挽き肉か、と。正直、男は挽き肉が苦手だった。これまでさほど即興小説を書いた経験はなかったが、初めて挽き肉という要素を入 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:緒方理珠のエロ漫画誰か描いて@140 お題:おいでよこだわり 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:17078字
★書き直し必要●順序入れ替え必要=========★ 昔。一緒に駆け回った草むらで、僕らはある約束したんだ。「そう――約束よ」「うん! 約束!」「うん。みんな一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:女の血液 必須要素:挽き肉 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:1599字
一人の男がいた。 上司に叩かれ、同僚の女性に嘲られ、飲み会では頭にパンツを被って滑稽な芸を披露していた。山田太郎という男だ。周囲からの評価は、平凡な容姿に、半 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:星追い人@23 お題:夏の略奪 制限時間:4時間 読者:5 人 文字数:2757字
+++ 二人で無言で隣同士を歩いている。隣の星屑をちらりと見やる。――普通の制服である。星屑が普通の格好をしているのを見るのも何だか新鮮な気がした。「……あのさ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:彼女が愛した空想 制限時間:4時間 読者:9 人 文字数:13658字
私は寝る前に空想にふける癖がある。空想というよりほとんど妄想に近い話で、小説にもならないような意味不明な空想だ。それは異次元に潜り込んでロリコンを倒す妄想だっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:無申経職任 お題:反逆の転職 制限時間:4時間 読者:14 人 文字数:1973字
※『ある本屋のアルバイトさん』私は先生の何を知っているのだろう。見上げた先生の顔は涙で歪むが、いつも通り微笑んでいるのは簡単にわかる。「僕はこの仕事を辞めるんだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:信用のない兄弟 制限時間:4時間 読者:15 人 文字数:13125字
僕には兄がいる。兄はいつも妹がいればよかった。お前なんぞ女に生まれてくれば良かったのだと事あるごとに言ってきた。幼い頃の僕は兄がどこからか持ってきたスカートな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:スポーツのぬるぬる 制限時間:4時間 読者:11 人 文字数:11672字
貞夫は入学したての冴えない男子高校生だった。 青春という言葉に顔を赤くするほどのシャイさは、女子ウケするどころかそもそも友達を作ることができなかった。友達を作 〈続きを読む〉