すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:アテルイ お題:最弱の豪雨 制限時間:2時間 読者:21 人 文字数:1216字
資料室に帰ると上司と鉢合わせた。 「あぁ、ちょうどよかった。今人手が足らないんだ。ちょいとここに手伝いにいってくださいな。」 口調はしっかりしているが徹夜明け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:煙草と敗北 必須要素:高認 制限時間:2時間 読者:37 人 文字数:4262字
高校を卒業していないバカでも出来るような仕事など、コンビニのバイトしかないだろう。そう私は思っていた。バカは世の中を甘く見ているし、将来へのビジョンを持たない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アテルイ お題:忘れたい川 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:1479字
昔の思い出 「そうだな、こんな話しはどうだろうか?。まぁ、ずいぶん昔の話しなんだが・・・。」 同僚は、そう切り出しのは随分と酒が廻ったころだった。私は、この日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:魅惑の土 必須要素:ゴキブリ 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1962字
もう三十年前の話になる。当時大学生だった私は山登りサークルに所属し、春夏秋冬問わずに山へ入ることが多かった。その日もテスト明けの長期連休を迎えたと同時に数人のサ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:誰かは時雨 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:420字
あいにくの通り雨ですね、最近晴れの日が増えてきてたんですけど。まあしょうがないですね、梅雨がすぐそこにいるんですもの、雨も降ります。え、比喩かって?違いますよ、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:タアアタ@ぼっけんさん お題:冬の想い 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:20000字
寒いオレは全裸であった理由はまだないそう裸である以上の理由は全裸にはない毎日を全裸で過ごそうが全裸であることは確実であるその全裸をを毎日全裸たらしめる力の求めに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:美しい海風 制限時間:2時間 読者:28 人 文字数:5929字
「隣に、座ってもよろしいですか?」 呼びかけられた声に、葵子《あおこ》がぼんやりと見上げると、抜けるような青空を背後に背負って、無精髭のくたびれた中年男の顔が自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鋼㋨柚酉 お題:かっこ悪い大地 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:3538字
「さ、さあ着いたぞ……」 眼前に広がる光景に、思わず生唾を飲み込む。 月明かりに照らし出されているのは、放置されて荒廃し切った墓地。 「ねえ、本当に行くの?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:早い夜中 必須要素:長編の冒頭として書くこと 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:843字
夜の半端な時間に目が醒めた。よくある事ではあるが、あまり歓迎の意は覚えない。 梅雨場も終盤。初夏と呼ぶには早さの過ぎるこの頃。何もかもが半端な僕の写し鏡のよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:國政綾水と再会するまで絶対に生き続けるアカウント お題:商業的な恋 制限時間:2時間 読者:13 人 文字数:3596字
大好き。世界一いい言葉だと思う。だって、たくさんのものを生んでくれるから。愛情の証は関係性を生んでくれる。関係性は強い繋がりを生んでくれる。強い繋がりは数えきれ 〈続きを読む〉