すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄金の小説 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:1843字
大変なものと居合わせている。「黄金の小説」である。己の人生の中で、一冊出会えるかどうか、というあの黄金の小説である。反して、現在の私自身は「駄作」それもだしうる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:金蓮花 お題:贖罪の勝利 必須要素:人間使用不可 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:511字
後藤はまだ来ないのか。俺は、グランドクロス公園の前で、毎日彼を待っていた。手帳の月間予定によると、後藤はこの年の7月16日に来る予定であった。 その日から三ヶ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:セクシーな霧 制限時間:2時間 読者:3 人 文字数:2629字
仕事から帰ると、居間のテーブルの上に、弟が買った週刊少年ジャンプが置かれていて、僕はそれを見せてもらうのが日課になっていた。その中でも、毎回それはありえないだろ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:寒い牢屋 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:851字
《ヴィスタル帝国第一王女》それが私の肩書。 帝国中の女子の中で誰もが羨む存在。それが私。 生活に一切の不自由はなく、ただし一切の自由もない。 決められた生活を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:男の星 制限時間:2時間 読者:4 人 文字数:1258字
星を見た。空に輝く、只人の手には届かぬものを。男の話をしよう。その男には何もなかった。ただ呼吸があるから生存しているというだけの、生きているか死んでいるかわから 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:夜の昼食 必須要素:ポルチーニ茸 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:742字
「こんな時間にパスタ?随分軽めの夕飯ね」「ポルチーニ茸のクリームパスタだよ。君も食べるかい?」「一口だけちょうだい。さっきがかなり遅めの朝ご飯だったからあんまり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大好きな豪雪 制限時間:2時間 読者:5 人 文字数:261字
昼夜を問わず、心身と振り続ける雪は辺り一面を真っ白に染めた。最初は、いつものように積雪数センチのはずだったのに、いつしかメートル、キロメートルと積もり続けた雪は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:炉心 お題:きちんとした夜 制限時間:2時間 読者:39 人 文字数:2602字
「食いもんの恨みほど恐ろしいものはないーー昔からよく言うよな。でもさ、神名(かんな)。この言葉にはもっと、根本があるんだよ」葉月はそう言うと、うんうん、と自らの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:興奮した高給取り 必須要素:パチ○コ玉 制限時間:2時間 読者:15 人 文字数:2764字
家の近所に、煙草が吸えないパチ○コ屋があって、僕の母は家事が落ち着いた午後に、いつも出かけては、何か景品をもらって帰ってくる。父は医者で、自分でも母にいろいろ迷 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:最強の冬休み 制限時間:2時間 読者:29 人 文字数:1724字
「夏休みから、学校行ってないらしいのよ奥さん!」「あれ? 夏休みって、まだ3日ぐらい残ってるんじゃなかったかしら?」「違うのよぉー! 去・年・の・夏休み明けから 〈続きを読む〉