すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:ハシダ シュンスケ お題:絶望的な地下室 必須要素:ご飯 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:8491字
気付いた時、既に遅し。 眼前に迫った巨獣に対して一切逃げる術なく立ち向かうことを選択されることは実に哀れなことである。 食事が欲しい、その為には、この眼前の獅 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:僕が愛した消しゴム 必須要素:ヘッドホン 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:256字
僕は消しゴムを愛している。というと、何だか変人のように感じるかもしれないが、決してそうではない。 消しゴムはいつだって僕らのもとにあった。小学生のとき、かなら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:誰でもない誰か お題:猫の窓 制限時間:2時間 読者:10 人 文字数:1470字
引っ越した先ではこれまで住んでいた場所の窓よりも大きかった。カーテンを合わせて見ると数十センチメートルほど長さが足りなくて、どうしようかと悩んではみたものの新 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆゆ お題:憧れの教室 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:3161字
恋愛のことだったら、一日中だって考えていられる。気持ちいいことが好き。自分のことが大好き。恋愛は、快感と承認欲求を同時に与えてくれる、自分にとっては最高の趣味な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:くだらない経験 制限時間:2時間 読者:6 人 文字数:1427字
俺が中学生だった頃は、色んな噂を広めるのが得意で、クラスメイトの男女が一緒に帰っているとか、音楽の先生が最近彼氏と別れたとか、しょうもない情報を搔き集めては口が 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
※未完
作者:Jおっさん お題:イギリス式の時計 制限時間:2時間 読者:9 人 文字数:270字
N氏は仕事を終え家に向かって歩いていた。しばらく歩くとふと時計店が目に入った。「そういえば家の時計が壊れていたな」N氏はさっそくその時計店へ入っていった。「こん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Azusa* お題:ゆるふわ愛され洞窟 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:2334字
友人と山を歩いていると、不思議な洞窟をみつけた。気になったので入ってみると、そこは想像しているよりも不思議な空間だった。まず、空間全体が桃色に染められている。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実の螺旋 制限時間:2時間 読者:8 人 文字数:506字
友人から電話がかかってきた。引越しをしたばかりとあって、何か組み立てている最中らしい。「もしもし、今大丈夫?」と友人。「ああ。」と僕が答える。どうやらとある部品 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:誰でもない誰か お題:少女の恨み 制限時間:2時間 読者:20 人 文字数:695字
「村人の避難が最優先だ。もたもたするな!」 バル公領の小村ドンレミを護る自警団団長ジャック・ダルクは部下にそう命じながらも、放たれた火矢により焼け野原と化す村や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:誰でもない誰か お題:8月の殺人 制限時間:2時間 読者:16 人 文字数:1043字
スマートフォンの点灯が着信を伝える。見覚えのあるテキスト内容を確かめ、日時を確認する。露天商のお婆さんが言っていたことは本当だった。「──待ってろ」 車のキー 〈続きを読む〉