すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:せつないパイロット 制限時間:1時間 読者:6 人 文字数:1959字
タナカがドアを開け外に出ると太陽の日差しはとても強く、酷く暑かった。目的行きの移動車もあるが気分転換も兼ねて歩いていくことにした。空は曇り一つない晴天。周りに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白原杏 お題:消えた音楽 必須要素:主人公が誰かを愛す 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:918字
「いままで、ありがとうございましたっ!」拍手と会場いっぱいの喝采、と言うにはまばらな音。これが、リエの3年間の評価。それでも、顔を上げ、笑顔を見せて、手を振り、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:akari お題:フハハハハ!それは諦め 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:536字
「どうしてもこのシーンが書きたいの!」 勢いよく手を突く美崎。その音は静まり返った館内によく響き、近くの人間が煩わしげな視線をちらりと寄越した。「……館内ではお 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:潔白な秋 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:2184字
「えぇ?泥棒?」「そうなんです。向こうのサトウさんの家が荒らされてまして」 タナカ家の母アヤがサトウの家に泥棒が入ったと警官ヤマダに聞かされたのは午後11時を回 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:紅茶と伝承 必須要素:街灯 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:1151字
「うちの紅茶には、ある秘密が有ってね」 ぽつり、とカウンターの向こうで老店主が口を開いた。 とても珍しい。この店に立ち寄るようになってから早数年、数える程しか彼 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:イタリア式の話 制限時間:1時間 読者:7 人 文字数:1814字
春の陽気は食欲を増進させるなとタナカは思った。前を歩くヤマダはどこで昼食を食べるかキョロキョロとあたりを見渡している。その手元には二つの袋がぶら下がっていた。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鋼㋨柚酉 お題:馬鹿な悪魔 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:1062字
魔に属しているというだけで、人間に忌み嫌われる存在。 この身を呪わなかった日などない。しかしそれも、もうじき終わる。 湿気と黒カビにまみれたこの暗い牢の中で、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:漆黒の闇に包まれし友人 制限時間:1時間 読者:2 人 文字数:1026字
俺には、、、やばい友人がいるんだ。そいつの名は、、、ダーククオリネンスこいつの名前を考えたやつはアホだと思う。こいつの名前を聞いた時、中二病だと思ったさ。だが、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イグモ@小説 お題:わたしの嫌いなふわふわ 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1295字
とにもかくにも、急がなければなるまい。私には明らかに残り時間がなかった。今から数時間前、それはおそらく夜の11時を回ったころだったと思われるが、その時点で私は、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:天国の暴力 必須要素:ダイアモンド 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:952字
誰もいない部屋で、私はため息を一つつき、立ち上がった。すべて終わった。今日、私は15年間余り暮らしたこの家を、出て行く。すでに荷物はまとめてあった。小さなカバン 〈続きを読む〉