すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:くろink。 お題:間違った床 必須要素:長編の冒頭として書くこと 制限時間:1時間 読者:4 人 文字数:2540字
パヴェの一点を見つめる。そこだけ色が間違って敷き詰められているのだ。カフェや喫茶店の甘味を詰め込んだ人気メニューでも、チョコレートのことでもない。パヴェとはフラ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くろink。 お題:突然の時雨 制限時間:1時間 読者:3 人 文字数:2594字
仕事場から少し離れたところに小さな神社がある。木立が小さな境内全体を覆いのように取り囲んでいて、鳥居を潜るまで中の様子は窺い知れない。昔から神社通いが習慣でもな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:はろー お題:昼の蟻 必須要素:つけ麺 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:218字
「これ、おまけ。」思わずため息が出る。ここで5件目だ。「あれ… 梨好きじゃなかった?」「どうも」男たちは次々と貢ぎ物を差し出してくる。私の姉に。姉は教会の奥に隠 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アマゾン◆EYA4Qm3Rn. お題:今年の王 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:667字
ある大国に「今年の王」を決める為の制度があった。その制度とは国の各地から集まる優れた貴族から今年の王と呼ばれる代表を選ぶ為の投票である。その制度を実地して数十 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:昼の快楽 必須要素:右手 制限時間:1時間 読者:18 人 文字数:2950字
「460円になります」「はーい」 コンビニで弁当を買った客が、上着のポケットに右手を入れて、「あれ」と首をかしげた。そこに入れていたはずの財布がなかったのだろう 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:なんかやる お題:地獄の祖母 制限時間:1時間 読者:5 人 文字数:1467字
閻魔王の宮殿は意外と綺麗に整っているんだなと辺りを見渡して思った。天井は高く、漆塗りの光沢ある赤を基調として黒や金が散りばめられた大きな柱や扉。そして私がいる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ウルス(文芸部アカ) お題:失敗の螺旋 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:1時間 読者:11 人 文字数:2078字 評価:0人
灰色のキャンバスに色とりどりの花が咲き乱れる。 小さかった頃のヒロは友人のジョセフと一緒に、よくそれを観に丘の公園の展望台にある特等席に走ったものだった。 鮮 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:レインイレ 千々色学園2-B お題:失敗の螺旋 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:1時間 読者:19 人 文字数:1023字 評価:0人
「これで最後だ! 魔王!」「させん! 避けられるものなら避けてみろ!」 魔王は闇の大魔法を勇者に向けて放つ、当たったらひとたまりも無いだろう。 しかし勇者は避け 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
歌と呪い ※未完
作者:inout お題:失敗の螺旋 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:3679字 評価:0人
カラオケボックスは一人で入るもんじゃないなと思いながら、安っぽい廊下を通った。左右の個室からは上手いんだか下手なんだか分からない歌が不協和音となって響いている。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:失敗の螺旋 必須要素:即興イラストのステマ 制限時間:1時間 読者:13 人 文字数:2479字 評価:0人
「お姉さん、お姉さん」 突然わたしをそう呼びとめてきたのは、路上にござを敷いて座っている男だった。 南米かどこかの織物の絵柄を使ったポンチョを羽織った髭面の男、 〈続きを読む〉