すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
凡夫A ※未完
作者:谷川えつ子 お題:めっちゃ凡人 制限時間:30分 読者:8 人 文字数:1622字
Aの人生を語ろうと思えば三行で終わってしまう。何の変哲もない量産団地の一角にこれまた何の変哲もない両親のもとに生まれた。そのまま幼稚園、小中高と通っている。た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
7月28日 ※未完
作者:匿名さん お題:苦し紛れの夏休み 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:1052字
午前7時半。スマートホンが定刻を告げる。私は体に半ば巻き付いたタオルケットを剥がして体を起こす。すこしだけ空かした窓からは朝日が差し込み、すでに気の早いセミた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:楽観的な薔薇 制限時間:30分 読者:19 人 文字数:635字
その人の家の家の庭にはバラが咲いていた。その花の色は思ったよりとても血の色に似ていて、トゲは鋭く白く光っていた。お母さんが好きで手入れしているの、と彼女は教え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:楽観的な薔薇 必須要素:十字 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:446字
久々に気を張り詰めることなく空を見上げる。ポツリポツリと冷たい雫が頬を伝う。これがピクニックならば生憎の天気と言ったところだが、この天気のお陰で敵の航空機に追い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:急な太陽 必須要素:東京湾 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:766字
海に沈んだ。あまり状況の理解できぬまま、果てしない暗黒な底にするりするりと落ちている。這い上がらないと、そう焦燥におもいながらそれよりもまして無重力空間の気持ち 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:流浪野 お題:彼女の平和 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:813字
世界樹の女神はかつて天秤の両端に等しく大樹を乗せ、片方だけが重くならぬよう一つずつ生き物を足した。そうして最後に人間が乗せられたが、人はたびたび女神との盟約を犯 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:急な感覚 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:626字
そのとき僕たちは、ただ、ゲームをしていただけだった。特定の場所を、自分の陣営の色に染め上げる、現実世界を利用したゲーム。そのイベントに、僕たちは参加していた。そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:鋭い私 必須要素:甘栗 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:654字
私は無類の栗好きである。 甘露煮も、渋皮煮も、真空パックに入れられて妙な風味を携えたむき栗も、モンブランにちょこんと乗った主張の激しい栗も(もちろんモンブラン 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:彼方@アイコン模索中 お題:僕と絵画 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:494字
いつの間にか、鉛筆か炭の音しか聞こえなくなった。波の入った紙に4Bを走らせて、一度深呼吸をする。相変わらず脚が安定しない丸椅子に手を置いて、一度あたりを見回す。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
後押し ※未完
作者:蒼井やまと お題:危ない借金 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:495字
言うまでもないことではあるが、借金は危険だ。 金は貨幣経済というヒエラルキーの頂点に座する、いわば顕在化した権力。ちょっと前まで俺たちの社会で物を言わせていた 〈続きを読む〉