すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
自己破産した ※未完
作者:オクラ将棋 お題:人妻の別居 必須要素:TOEFL 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:897字
「海賊王に、俺はなる!」 そう言って息子は家出した。昨日の夜8時、VS嵐を家族で見終わった頃だった。昨日は相葉ちゃんがニノを捲し立てるシーンが最高だった。「お兄 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:神のサラリーマン 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:333字
まるで神様のようだ、と拝まれる営業の男がいる。ようだ、ではなく、本当の神様――――らしい。ただ本人が言っているだけだから。 彼曰く、本来なら周囲に福をばらまく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:水底 栄 お題:大好きなデマ 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:947字
町のあちこちで、スマホや本格的なカメラを使って写真を撮っている者たちがいた。彼ら、彼女らにとってそこは『聖地』と呼ばれている。 無名の映画監督が低予算で作った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:明たい子@AtR武道館余韻と絶望の狭間 お題:進撃の英霊 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:2182字
「知ってる?ここ、出るって噂。」 前を歩いている彼女が振り返らずにそうつぶやく。 一瞬前を向いたままだったので本当に呟いただけで、自分に放たれた言葉だと理解する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒロセユキ お題:猫の彼氏 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:994字
かつて、この大陸は何度もなんども業火に焼かれた。大戦争だ。終わりの見えない不幸の戦は、実に苛烈を極め、また凄惨かつ無慈悲なものだった。その戦争は人を殺し、土地を 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ばぶ【おばぶ】 レ お題:楽観的な狸 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1265字
雨の音が聞こえる。じめじめとした空気が広がっていく。あれ、今日は雨が降る予定だったっけ。私はぼんやりした頭で、今日の天気予報を思い出す。曇り時々晴れ。洗濯物がよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:火 葬 全 滅 主 催 お題:煙草と時雨 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1029字
【煙草と時雨】紫煙を吐き出してぼんやりを見つめている。喫煙の経験はないと言えばないのだが、記憶が飛んでいる時……言わば鬼と対峙している時の“俺”は経験がある。身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:メジャーな超能力 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:416字
僕には超能力がある。いや、そんなすごいことでもない。聞いた人が「ああ、それね」と言うようなありふれた超能力だ。 ありふれた超能力だと、何か不思議なことがあると 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にぞこないの女祭り! 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:459字
わいわいと火を囲んで思い出話に花を咲かせる。その輪には女しかいなかった。「私はこの送り火で、私と同じ恋に敗れた友だちを偲ぼうと思う」「私と同じってことは、あん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒロセユキ お題:当たり前の食器 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:745字
小高は、パーティに忍び込んでいた。正式な客としてではない、お呼びでない存在である。小高は、このパーティに最も呼ばれるべき人間だった。少なくとも、そう自称していた 〈続きを読む〉