すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未熟な武器 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1580字
「カタールとかはどうだ?」ジャン・バーレルは壁に掛かったショートソードを眺めながら、娘に尋ねた。「お前はまだ小さいからね。大物は荷が勝ちすぎる」「そんな事ないわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:相座 お題:うわ・・・私の年収、駄作 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:921字
私は知らなかったのだけれど、上流階級の皆々様は年収を芸術作品になぞらえるらしい。「小さなものなら、ピカソの絵が買えるよ」「オークションで買った芥川の生原稿、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
メンテナンス ※未完
作者:はるちか お題:俺とロボット 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:888字
ピンポンと間抜けなインターホンが鳴る。玄関へ行こうとするアンさんを引き留めて、俺が玄関へ行き扉を開けた。「よう、元気にしてたか」予想通りに時刻通りに、斎木がニコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tkmksi お題:弱い民話 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:1326字
「それが、語り継がれてる伝承ってこと?」「うーん、伝承っていうよりも、民話に近いかな。教訓というか、そういうものが書かれているでしょ?」「ああ、確かにたぬきとか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:新城理 お題:闇の母 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:1536字
失踪した母が見付かったのは、家から歩いて一時間、山の中の池でだった。 池の傍に引きあげられ、白い布を顔にかぶせられた母の顔を見ながら、私はふいに、小さいころの 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
飲み込んだ黒 ※未完
作者:匿名さん お題:どす黒い熱帯魚 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:965字
アミールは力なく泳いでいた。というのも、彼の恋人は重い病だったからだ。数日前から物をあまり食わなくなったかと思うと、みるみる元気もなくなっていくし、今日なぞ遂 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:経験のないロボット 必須要素:海老のしっぽ 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:1170字
あくびを噛みころしながら改札を抜ける。ねぼけた顔や疲れの残った顔を行き会いながら階段を降りてゆく。目じりに残った涙が、生温い風を初夏の風を受けると、やっぱりす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:鮭り(スカイプかわったからDMくれ) お題:猫の愛人 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:436字
マグカップを持ち上げ、インスタントコーヒーを飲む。やっぱり水で洗っただけでは、どうにも飲み口が気持ち悪いとような気がする。少し湿ったタオル地のハンカチの上にそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
伯爵の血統 ※未完
作者:匿名さん お題:夏の王子 必須要素:血痕 制限時間:30分 読者:4 人 文字数:558字
引き出しの奥からでてきたその古い切符を見つめながら、どうしてこんなものを大切にしまい込んだのだろう、と彼は訝しんだ。この国じゅうに張り巡らされた国営の鉄道路線 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:イタリア式の即興小説 必須要素:グミ 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:859字
空には虹が掛かっていた。 雨上がりというわけではない。空には雲など一つもなく、虹が掛かるわけなどないにも関わらず、青空いっぱいに虹は見える。「縁起でもない」 〈続きを読む〉