すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:いふじ お題:子供の弁当 必須要素:ニュース 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:440字
「明日のお弁当はどうしましょう?」女性はそう呟きながら町は歩く。ハンバーグは止めておきましょう。お惣菜じゃないハンバーグを作るのはあんなに大変だとは思わなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めのー(瑪瑙連翹) お題:遅すぎた人 必須要素:パスタ 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1152字
「……あれ」 それは、いつも通りの日常にふと湧いた疑問だった。「俺、昨日何食べたっけ」 買い物の途中にふと湧いたその疑問。 まあ、パッと思い出せないだけで思い出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomomi お題:神の消費者金融 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1082字
水曜日、私は頭がおかしくなった。まず朝1番に、あり得ない人物からの電話を受け取ったのが原因だった。「よう、久しぶりだな。元気にしてるか?」「お前、誰だ」その声に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:維嶋津@カクヨム お題:複雑な命日 必須要素:靴の中敷 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1427字
確かに死んでほしいと思っていたが、いざ実際に死なれると、なんていうかその、困る。「主人のご友人ですか」 喪服姿の女性に聞かれ、「ああ、ええ、そんなところです」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:しばふ お題:8月の策略 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:676字
クソ暑いことこの上ない。それ以外の言葉が見当たらないほどに、僕の思考は炎天によって急速に溶かされていた。繰り返し言葉を重ねてしまい申し訳ないが、本当にクソ暑い 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:tomomi お題:過去の駄作 制限時間:30分 読者:20 人 文字数:1025字
過去に書いた文章を整理していた。ここ5年ほどで百編以上は書いただろうか。私の書く小説はほとんど実体験に基づいているため、見返すと文章の稚拙さに加えて当時の若々し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いっつ お題:黒尽くめの地獄 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1368字
* 「おてーて、つーないで、のーみーちを、ゆーけーば……」 幼稚園で習った歌を口ずさみながら、背中を丸めて学校への通学路を歩く。 猫背でノロノロと歩いていると、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomomi お題:黒尽くめの地獄 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:873字
どうしてお経というのはこうも陰鬱な雰囲気ばかり強調するのだろう。まるで何か重苦しい病でもかけられているみたいに暗くてじめじめとして永遠に続きそうに思える抑揚のな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:エマダヨー お題:昨日食べた空 必須要素:お盆 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:1090字
夏蜜柑のスジを吐き出した。ぺ、という不快な音とともに唾液に混じって白いものがでてくる。おにいちゃんきたないよ。隣で妹がぼんやりそんなことを言う。そうは言ったって 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:8月の海辺 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1942字
ねぇ、あなたはどこにいるんだろう。私の呟きは、8月の夕焼けの海辺、潮騒に交じって溶けていく。 振り返れば、真っ白な砂浜に点々と足跡が続く。足跡は二人分。一つは 〈続きを読む〉