すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:空見タイガ お題:楽しかった敗北 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1071字
女の趣味がわるいやつはダチの趣味もわるい。この一番の例があーくんで、やつは女子みたいなキレーな顔をしているくせに、すっげえブスを好きになる。しかもこのブスとき 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:大人の夕飯 必須要素:ステマ 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:544字
大人の夕飯って、何だかわかるかい? 「フランス料理」ってこたえたそこの君、わかるよ。僕だって小学5年生まではそう思ってたさ。 イタリアン?中華?それともトルコ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Frannie お題:熱い星 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:799字
「あれは何?」と、律子は部屋に浮いている星を指差して訊いた。「ああ」と俺は言う。「あれは星だよ。ついこの間捕まえたんだ。」「捕まえた?」 律子は不思議そうな顔を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:気持ちいい公認会計士 制限時間:30分 読者:7 人 文字数:516字
「地獄の沙汰も金次第ってのは、ほんとのことだよお客さん」おいらが櫂を突き付けてそういうと、男はにこやかにこう返した。「生きぎたない人生だったことは自覚しています 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:大好きなアレ 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:861字
「なぁ、健五(けんご)。お前、大きなアレって聞いて何を思い浮かべる?」 昼休み、先生たちから脳をいじめられた先にあるオアシス。一分たりとも無駄にしたくないそん 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:yot お題:漆黒の闇に包まれし宇宙 必須要素:火星 制限時間:30分 読者:26 人 文字数:1168字
放火星魔は往々にして来てほしくないときに現れる。今日も宇宙消防ステーションの待機時間があと数分で終わるというときに無線に連絡が入った。「第7729ステーションよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:汚い小説訓練 制限時間:30分 読者:2 人 文字数:1021字
実に不快な文章だった。床にちりばめられた原稿用紙の一枚を見て私は顔をしかめた。 ここ数日小説家志望の幼馴染が部屋からでてこないとの連絡が奴の母親から入った。なん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:汚い小説訓練 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:620字
仕事納めってのはホントに危険だと思う。あのクレームの件も終わったし、厄介な客への対応は終わった、何もかもとりあえずの形で終わって、明日から連休だ。そう思うと普段 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
西へ ※未完
作者:匿名さん お題:肌寒い湖 制限時間:30分 読者:1 人 文字数:379字
久しぶりにバイクのエンジンをかけた。ブロロロロンと心地いい振動と、同時に高揚感が湧いてきた。仕事もプライベートもうまくいってない僕は、とにかく逃げ出したかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:彼とむきだし 必須要素:ボールペン 制限時間:30分 読者:22 人 文字数:584字
彼にとってそれは暇つぶしにすぎなかった。相手がどんなに嫌がろうと知ったことじゃあない、そんな、ただの日常。 硬く強ばった外殻は指で弄くるとすぐにほどけた。その 〈続きを読む〉