すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
※未完
作者:紡木 詠士*小説家になろう お題:純粋な戦争 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:373字
「いただきます」開始の号令により3年2組の昼食が始まる。今日の給食は豪華であった。ご飯、牛乳、ピーマンの肉詰め、ごぼうサラダ、わかめスープ、デザートにクレープ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:九夜月 お題:儚い体 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:521字
駅のホームでふと何気なく目をひくものがあった。なんの、特別なものではない女の子の笑顔。隣の彼氏に向けられた笑顔は、私には輝いて見えて特別に眩しかった。将来私も結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こあら お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
僕は作曲者だ。ピアノに手を置き、頭の中で音楽を作りながら指で実際に奏でていく。その音たちを紙に書き込んでいき、僕の音は作られる。僕は楽しい音楽が好きだ。跳ねるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:423字
暗闇の中でピアノの音が響いている.音は目の前の音楽室から聞こえてきているようだ.今はもう真夜中だ,こんな時間にピアノがなっているのはおかしい.おかしいといえばな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:898字
ただ彼女はピアノを奏でているだけなのだ。そのことが、何だか急に愛しく思えてきた。 深夜二時に音楽室に行くと、ピアノを弾いている女生徒の幽霊がいる。 たったそれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:鬼龍院asanuma お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:709字
金曜日の夜は、華やかである。 ここ、スターダストラウンジは都会の夜景が一望できるバーで、夜のデートスポットとしてカップルによく利用されている。今日は金曜日の夜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:淡い世界 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:920字
ゆらぐ光、ほどける輪郭、網膜に滲む世界、水彩絵の具を使えば優しい人だと思ってもらえるんじゃないかと、そんな妄執に囚われたのはいったいいつのことだったのか。おそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Qten お題:小説家の血 必須要素:Twitter 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:463字
「これも駄目、か・・・」高校生小説家としてデビューしたが、売れたのは1作目だけ。その後は鳴かず飛ばずで低空飛行を続けること10年。書く速度がそれなりに早く、仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失敗でも…… ※未完
作者:海の庵 お題:熱い失敗 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:268字
小説を書いた。蝉が鳴きうるさくじりじり照りつける陽射しをよそにクーラーが点いた一人部屋で外の出来事が遠くに感じつつ黙々と物語を綴ろうとした。が、上手くできなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:熱い失敗 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:653字
「暑い……」 心躍る旅行へ行くために家を出た直後、口から出たのは真夏の常套句だった。暑い。とにかく暑い。 多分、僕がアイスクリームだったら一瞬で溶けるだろう。ア 〈続きを読む〉