すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:誰かと人々 必須要素:自殺エンド 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:283字
この世界は誰が主役か?胡散臭い慈善家どもがコピペのように言いやがるあの言葉は、いとも簡単に心を劈いていく。うるせえ、うるせえなあ。この世界はあなたが主人公です。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:間違った勝利 必須要素:全力のエロス 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:417字
俺は今まで一度も敗北したことがない。もちろんそれはすべての事柄においてではなくとあるジャンルにおいてである。そのジャンルとはとある二郎系においていち早く食べ終わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:計算ずくめの囚人 必須要素:岩塩 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:501字
「人の心の檻、なんて言葉を大層大袈裟に仰々しく、まるで崇めるかのようにいう人間がいるけど、その檻の鍵は果たして自分と相手のどちらについているのかしらね?」檻とは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許されざる囚人 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:245字
悪魔は今日も暇だったので、人間界に来た。 やることはただ一つ、人間観察だ。 人間は愚かで、傲慢。自らの欲でしか動けない醜い動物だ。悪魔は人間を嫌っていた。そん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:ゆるふわな社会 必須要素:太宰治 制限時間:15分 読者:6 人 文字数:343字
サークル活動は病んでいた。世界一周の末マレーシアに半年居ついていた男、田所が休学を返上して戻ってきたのだ。ただでさえ女子の多いこの地方都市駅前大学だが、サークル 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
未熟な墓 ※未完
作者:匿名さん お題:未熟な墓 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:309字
それは金銀に光る魔法のようでした。狭い部屋のなかに、たくさんの不思議な道具や物が詰め込まれていて、幼い子供にはまるで宝石箱のようにきらめいて見えるに違いありま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐふふ、蟻 必須要素:バーボン 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:673字
小さい頃に蟻を踏み潰した時にどんな感覚を覚えたか、そんなどうでもいいことを考えていると、彼女から酒をつがれた。「私と話している最中に別のことを考えるとは中々勇気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:疲れた第三極 必須要素:幼女 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:765字
「おじさん、信号赤でしたよ」 交差点を渡り終えて、両手を膝について息を切らしていた俺の耳に子供の声が聞こえてきた。視線をわずかに動かすとそこに幼女がいた。 小学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@ばに普及化 お題:疲れた第三極 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:898字
私は友だちが少ない。 人付き合いが下手ということもあったけど、瞳の色が青い日本人というのは異質だった。 そんな中彼だけは私に手を差し伸ばしてくれた。 嬉しかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:みかん(9/22砲雷は-21) お題:ゆるふわな医者 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:940字
風邪ですねぇ、と自分を診てくれているお医者様が言うのを僕は上の空で聞き流した。 いや、一応は「はい」とか「そうですか」などと返しはした。それもないのは流石に不 〈続きを読む〉