すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:馬鹿な社会 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:998字
朝、私はカーテンから溢れる朝の日差しで目を覚ました。だが、隣には彼の姿は既にない。「おはよう、随分早いな」 探し人は、マグカップを片手にキッチンから顔を出した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:馬鹿な社会 制限時間:4時間 読者:240 人 文字数:631字
残業代行の会社が有った。どこの会社の残業も喜んで請け負っていた。会社からしてみれば、社員の残業代よりもこちらに請け負ってもらった方が、格安だった。そんな残業代行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:馬鹿な社会 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:219 人 文字数:1026字
どうしたものか―― 彼、鈴木健介は参っていた。「この人が痴漢したんです! わたしに!」 甲高い女性の声。年齢は若いのだろうが、太った体つきと老けた顔立ちから中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
帰宅路にて ※未完
作者:ライチ お題:馬鹿な社会 制限時間:15分 読者:168 人 文字数:562字
中間テスト、全教科平均58点。 学校帰りの電車の中、イマイチ奮わない成績を思い出してため息をつく。 帰ったらまた母親にブツブツと小言でも言われるのだろう。 〈続きを読む〉