すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者: お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:65 人 文字数:900字
死者の戻ってくる日、という風習は世界のあちらこちらにある。 東の島国では彼らの送迎まで用意するというし、西の大陸には気が触れるほどの鮮やかな色彩で彼らの帰還を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハッサクリーフ(マイン倶楽部) お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:481字
俺の名前は井東広見、俺の日課は放課後に図書館に寄って床に座って本を読むことだ。どうして床に座って読むかという言うとその方が読み終えた時に次の本を読めるからだ。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小宇佐銀次郎 お題:近いお尻 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:785字
痴漢冤罪というものがある。それを知ったのも、そんなものを意識しなければいけないと自覚したのも、この歳になってからだ。痴漢と間違われないよう両手を挙げておけだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:近いお尻 必須要素:漢検 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:1137字
やることがないとき、人は不思議な現象を我が身で体現することがある。特に、夜中にはその能力が顕著に表れる。現れがち。昼間の太陽の庇護のものとは違うエネルギーを夜気 〈続きを読む〉