すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:847字
自転車で走る都内は、コンクリートで出来たジャングルだ。 人や自動車の間をぶつからない様に、細心の注意を払って縫うように進んでいく。樹齢千年を超える大樹のような 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:886字
高校の頃、英語の授業に20代前半の結構イケメンなアメリカ人教師(前職:何でも屋)が来た。授業は一人一人アメリカ人先生に名前を呼ばれ、前に出てマンツーマンで話をす 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:1063字
「わたしは何でも屋です。どんな道でも走るって意味ですけど」 そう言って現れたのは、セミロングの髪をした小柄な女性だった。「これを見てください。わたしはこの国のど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なつめ お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:90 人 文字数:425字
最近は、何でも商売にしてしまうのね。まだ、来ない友人をぼんやりと待ちながら、目の前の男を訝しげに眺める。待ち合わせ場所を変えれば良かった。男は、ナンパとも勧誘と 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
病室の花 ※未完
作者:匿名さん お題:走る何でも屋 制限時間:15分 読者:180 人 文字数:220字
私は走った。走って走って走りつづけた。妹のために私は走りつづけた。私の妹は大学3年生。文学部で、ロシア文学を学んでいる。そんな彼女はある日うけた健康診断で、レン 〈続きを読む〉