すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
akai ※未完
作者:湯葉メンタルりーね お題:赤い14歳 制限時間:30分 読者:166 人 文字数:1437字
十四歳が赤い、と口にしたのは誰だったのか、と欅田は口元に手を当てた。 うっかり目を覚ましてしまった夜中だった。 目の前には思春期を迎えてなお、父親である欅田や 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かぐや お題:赤い14歳 制限時間:30分 読者:127 人 文字数:1513字
右手を彫刻刀で切ったが、そこはうずかなかった。だいじょうぶ、と隣の席の長道雅子が聞いた。へいきだと僕は答えた。ほんの少し盛り上がった血がゆらゆらと煙みたいに霧み 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤い14歳 必須要素:眼球 制限時間:30分 読者:119 人 文字数:604字
私には、好きな人がいる。しかし、それは家族にも、姉妹にも、親友にも…誰にも言ったことがない、隠すべき恋なのだ。「私、家出するから。」彼女の口から出てきたその言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:月鼠 お題:赤い14歳 制限時間:15分 読者:243 人 文字数:843字
真っ赤に照れるその顔が好きだよ。 真っ青に悲しむその顔が好きだよ。 本当は、ずっと前から君のことに夢中で。 でも、意気地なしのぼくは、声をかけるなんてとてもで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たろも お題:赤い14歳 制限時間:15分 読者:297 人 文字数:378字
少女は彼の名前すら知らない。名も無い彼は、図書室の一角にいつもひとりで腰掛け、読書初心者には挑戦をためらわれるような、そこそこ分厚い本と向き合っていた。少女は本 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:uvo-gin/uvo-gin お題:赤い14歳 制限時間:15分 読者:269 人 文字数:308字
「『この体に封印されてから14年が経った。この人間の生れ落ちる瞬間に私の自我を入れ替えさせてからずいぶんと待った。周りの者たちにばれないよう、この人間の成長に合 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夜月 お題:赤い14歳 制限時間:15分 読者:244 人 文字数:1165字
紫なんちゃらを二十歳の誕生日までに忘れないと死んでしまうとかなんとやら。あと、白いなんちゃらをこれまた二十歳までに忘れないと死んでしまうとかなんとやら。その怪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:BE SHINE,STRONG,KIND お題:赤い14歳 制限時間:15分 読者:229 人 文字数:320字
はじめは青かった。何やら世間の評価を、実は気にしていて、でも何処か片寄っていて、そんな若者らしさ。形容としての青か。気にする必要があるだろうか。何やら、桃栗三年 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くろづきたつみ お題:赤い14歳 制限時間:15分 読者:336 人 文字数:1235字
「斉木さん、それ」 「ん?」 体育の着替えの最中、ブラウスを脱いだ彼女の胸元に揺れる、赤い羽根のトップのついたペンダント。私は素早く辺りに視線を走らせ、彼女に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:赤い14歳 必須要素:輪ゴム 制限時間:15分 読者:149 人 文字数:438字
赤い靴に、真っ赤なルージュ。そんな「女」を夢見ているのだ。まだ少女、女の子、と言うべき年齢、14歳、ってなんて微妙な年齢なんだろう!と、思う。すてきなものに囲ま 〈続きを読む〉