すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:見知らぬ粉雪 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:169字
もうどれくらい歩いたのだろう.....。振り返ると、降り積もった雪に付いた足跡が、遥か彼方まで続いていた。僕はその瞬間、なにか暖かいものを感じた。この粉雪は、自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:見知らぬ粉雪 必須要素:「い」仕様禁止 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:1468字
でも、誰だって鈴木園子でしょう? とつぶやく。言葉の鼻毛を抜くような感じだ。誰だって鈴木園子なんだから、そのまま山に籠って出てこなくなったとしても、美しくあり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
いつかの告白 ※未完
作者:匿名さん お題:見知らぬ粉雪 制限時間:15分 読者:248 人 文字数:1375字
例年より遅い初雪が降った。この街に越してきて五年、いつもなら一カ月は早い初雪。でも今年は異常気象のせいか、普段よりかなり遅かったようだ。もっとも、気づいたら降っ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中神 お題:見知らぬ粉雪 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:287 人 文字数:423字
手元に残る分厚い紙の束に、ふっと小さく溜め息が漏れた。口の端から溢れた吐息は、外気に溶けて薄く白んでいる。気温は一桁を記録していた。寒さでかじかむ指先は思うよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:sacon お題:見知らぬ粉雪 制限時間:15分 読者:231 人 文字数:629字
「こっちは雪が降るのか」 「うん、そっちには降らないもんね、と言っても、いまは降って無いんだけどね」 久しぶりのこんな会話だった、彼女がこちらに越してきてから 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:鐘辺 完 お題:見知らぬ粉雪 必須要素:書類 制限時間:15分 読者:274 人 文字数:774字
「東京やとホワイトクリスマスってのはないらしいで。大阪やったらなおさらやな」「クリスマスに雪降って欲しいか?」「それで喜ぶカップルとかおること考えるとむしろ降ら 〈続きを読む〉