すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:2827字 評価:1人
私は人殺しではない。殺し屋でもない。そういう野蛮なものではない。そんな風に思われると心外である。人を殺したりするのはよくないことだ。殺したり殺されたり、きっと身 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2267字 評価:1人
ぐい、と一度大きく背伸びをして、机に向き直る。 ストーブの熱が碌に届かない教室の後方で、僕はセンター試験の最難関科目と名高き数学に挑んでいた。 机の上に広げら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:isa お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:94 人 文字数:2920字 評価:2人
有刺鉄線の此岸と彼岸。西側の武器を持った兵士と東側の武器を持った兵士は疲れ切った表情で顔を合わせ、何か語るでもなく直立不動の姿勢を貫いている。ベルリンの壁のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:52 人 文字数:3095字 評価:1人
踏み出した足の感触に、ふと我に返る。俺は、いったい今、何をしているのか――疑問に思うよりも先に更に歩を進めた、自動化された動作、わずかな斜面を足裏に感じ取る。ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:54 人 文字数:2401字 評価:1人
扉が開くのは三度に一度の確率と言っていい。何十回となく通ってきたから、大体そのくらいの割合であるとわかる。確実ではなく、偶然性に頼るところのある事柄があると、 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨七 お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:60 人 文字数:3292字 評価:3人
ぱんぱんに腫らした頰とくちびる。時おり襲いくる鈍い痛みに顔をしかめながら、私、葵シズミはバニラシェイクに口を付けた。「しみる。めっちゃ痛い」「無理してそんなの飲 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:多々良釦 お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:72 人 文字数:2137字 評価:2人
惑星ドース・ノルに降り立つと奇妙な音響が、地平線の向こうから風のようにやってきた。同業者の探検家たちにこの星について聞くと、決まって含み笑いをして、「着陸する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:太刀川るい お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:49 人 文字数:2289字 評価:2人
凍りついた汽車がきしむブレーキの音を立ててとまり、細かい氷の破片がパラパラとホームに落ちた。何百キロもの距離を走ってきた車体のあちこちから、白い煙がゆらゆらと立 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:3684字 評価:1人
あの日交わした約束を、何年経っても忘れない。そんな歌の歌詞はいくつ聞いたことがあるだろうか。実際、そんな綺麗なことなんて有りはしない。幼児期に交わした「将来結 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:マミルトン お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:212字 評価:0人
眼前の、横いっぱいに広がる黒いキャンパスに、風切り音をたてながら、一滴の紅い雫が昇っていく。雫は天まで届くかと思うほど昇ると、途端、腹の中の赤子のようにぎゅっと 〈続きを読む〉