すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:カ ク お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:588字
朝から強い雨が降っていて、遅刻しそうな身体が、一瞬ひるんですぐに駆け出す。雨のせいかぐんと冷え込んでいて、雨だと暖かくなるときもあるのに、と思う。スタスタと足早 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:湯猫 お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:239 人 文字数:1086字
しとしと、しとしと鬱陶しい。だから雨は嫌いなんだと部室の窓から外を睨みつける。くもり空はどんよりとしていて、逆に眩しいくらいだ。部活は引退してしまったし、特に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:肌寒い小雨 必須要素:ひょっとこ 制限時間:15分 読者:221 人 文字数:727字
今日も駄目だった。昨日も駄目だった。一昨日も駄目だった。よって明日も駄目だろう。明後日だったらどうにかなるだろうか、いいや否! そもそもこんな心意気でなせるも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:うわそん♂SPN兄弟結婚しろ お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:217 人 文字数:322字
空が軋んでいるようだ、とユウヒは思った。なあ、と隣りにいる背の高い彼に話し掛ける。パソコンに向けられた眼はさっきからユウヒを全く視界に捉えようとはしないのだ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:259 人 文字数:754字
降ってきた、と思ったときにはもう遅くて、どこか屋根のあるところに移動する暇もなく雨ざらしになってしまっていた。思ったよりは強くならなかったから、まあいいか、と 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:るなこ お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:193 人 文字数:442字
「逃げよう?」わたしの言葉に彼は少し笑って、それからゆっくりと首を横に振った。その瞳はいつも哀しそうで、それでいて静かに凛としている。運命を受け入れているのだと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高菜 お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:241 人 文字数:938字
鉛色の空。泣き出しそうに伏せたまぶたのような雲は、ライに不安を感じさせた。お願い、まだ降らないで。秋祭りに一人で行った。妹のホウは一昨日から咳き込んで、昨日の夜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:劫火@雑食系 お題:肌寒い小雨 制限時間:15分 読者:306 人 文字数:349字
さぁさぁと、小雨が降り注いでいる。あー、と天に向かって、大きな口を開ける。甘い雨、というのに、そのちいさな子は憧れていた。いつか甘くなる、きっと甘くなる、そのう 〈続きを読む〉