すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:秋の血 必須要素:ビール 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1350字
窓からびゅうと吹きこんできた風が思いのほか冷たくて、身をすくめた。寒い。もう秋なんだ、と今更のように実感する。 私は部屋を見渡し、作り付けのクローゼットの扉を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:秋の血液 制限時間:15分 読者:82 人 文字数:719字
その部屋が異様な場所であることは、足を踏み入れてすぐにわかった。 理科室に入ったときに香るホルマリン臭が充満したその一室は昼間だというのに遮光カーテンが引かれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:おとん@低浮上気味 お題:秋の血液 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:470字
「おーい、そんなところでなにしてんだよー練習しようぜー」ケンジが声をかけてくる「どうせ勝てるわけねーんだ。この秋頑張ったって無駄に決まってるよ。」俺は諦めていた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:文月 蛉(物書きNL・GLが主食) お題:秋の血痕 必須要素:1000字以内 制限時間:15分 読者:231 人 文字数:420字
ひらり、ひらりと舞い落ちる。それはまるで血だまりの様に溜まっていく。たとえそれが数日の紅であるとしても。その色が濁るのみの運命だとしても。それが美しいと、謂う人 〈続きを読む〉