すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:知らぬ間の彼女 必須要素:下駄箱 制限時間:15分 読者:129 人 文字数:534字
この話は墓場まで持っていこうとしましたが、これを誰にも知れぬというのは、自身が書いた文章であっても些か不憫に思い、書き記すことにしました。なに、これは青春時代、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:waterjacket お題:知らぬ間の彼女 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:640字
僕には彼女がいた。昨日まではいなかった、まだまだぼっちでいらすった。……そのはず、だったのだけれど……?「どういう事ですか?」事情聴取のため、任意同行を求められ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:兎に角 お題:知らぬ間の彼女 制限時間:1時間 読者:224 人 文字数:1102字
「ウソ! 忘れたの!? 私、君の彼女だよ!?」と訴えるヒロインと、目覚めたばかりの記憶喪失の主人公から始まるストーリーを知っている。 奇しくも同じく、眠りから目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:アジサシ お題:知らぬ間の彼女 必須要素:ヨーヨー 制限時間:1時間 読者:376 人 文字数:2156字
突然ですが、彼女が二人できました。 いや、浮気したわけではない。 今、俺の目の前には、全く同じ姿をした二人の少女が居るのです。 昨夜、二人でいつもの行為に勤し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まくるめ お題:知らぬ間の彼女 必須要素:ヨーヨー 制限時間:1時間 読者:1005 人 文字数:1304字
彼女が知らない間にヨーヨーチャンピオンになっていて、大車輪で攻撃してきた。 何を言っているかよくわからないだろうが、事実なのだから仕方がない。 この日、ずっと 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:naomaru お題:知らぬ間の彼女 必須要素:ビール 制限時間:15分 読者:505 人 文字数:362字
「ただいまー!」営業で棒のようになった足から、靴をもぎり取り、リビングへ駆け込んだ。「おかえり。」とテレビを見ながらのお出迎えをしてくれた彼女とは、付き合って5 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:りるら お題:知らぬ間の彼女 制限時間:15分 読者:270 人 文字数:410字
「いつの間にかあの子はここから消えていたの」「前触れ?」「そんなもの少しもなかったわ!」「本当に一瞬の出来事っていってもおかしくないの」「メールが来たからチラッ 〈続きを読む〉