すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:疲れた音 制限時間:1時間 読者:9 人 文字数:1886字
お題小説が思いつかないのでブログです。 今回は、日本国に優秀な人材が来ないし、この先も来ることがないことが確定している理由です。 日系企業の組織形態ってFam 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:疲れた音楽 制限時間:15分 読者:128 人 文字数:242字
毛糸が小刻みに笑っているような気がして、ここにいたら駄目になるだろうなと思った。時間が止まったように静かな公務員宿舎の一室にこもり、来年の町民文化祭のスケジュ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:疲れた音楽 制限時間:15分 読者:212 人 文字数:277字
音楽は僕の一部だった。幼い頃からずっと慣れ親しんだものや、最近興味を持ち始めたものまでさまざまな音楽が好きだった。楽器を奏でるのも、歌を歌うのも、音と触れあえる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:北田玄冬 お題:疲れた音 制限時間:30分 読者:163 人 文字数:2022字
父さんが帰ってくるとき、かならず玄関先で大きな音を出す。ドアを開けたら、ドン、と壁をつく音だ。握りこぶしで殴ったような音だが、実際殴っている。といっても別にわざ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヒカラシ お題:疲れた音 制限時間:30分 読者:435 人 文字数:541字
関節には人が住んでいるのである。指に変な風に力を加えるとボキボキと音が鳴るが、あれは中の人々が地震のように揺らされ押しつぶされそうになり、悲鳴を上げているのだ。 〈続きを読む〉