すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:ppw21 お題:汚い狸 制限時間:2時間 読者:33 人 文字数:2175字
大村健人は人には見えないものが見えた。観念的な話ではなく、字義通りに人とは異なるものが見えるのである。それは人の影のようなものが中空を平然と歩く姿だったり、宵闇 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:オロナイン支援会 お題:薄汚い狸 制限時間:30分 読者:210 人 文字数:604字
俺の山にはとても良い果実が生る。だからよく儲かるんだ。あの山を所有しているおかげで、村では俺に媚びを売る連中がたくさん居る。近寄ってくるのも人間だけじゃない。動 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
歌う万年筆 ※未完
作者:ごまおbot お題:薄汚い狸 制限時間:30分 読者:330 人 文字数:1089字
あのね、千早ちゃん。無理矢理に歌わなくたって、いい。私は、ボロボロになった千早ちゃんを抱きしめる。深夜の、誰もいない電車。都会ならいざしらず、田舎の最終電車とい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むりだな お題:薄汚い狸 制限時間:30分 読者:201 人 文字数:242字
首都郊外の何の変哲もない閑静な住宅街。そこに彼は住んでいた。 といっても、まだ大学生である彼は一軒家なんて持てるはずもなく築25年のオンボロアパートに住み、バ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:くま お題:薄汚い狸 制限時間:30分 読者:300 人 文字数:1101字
早朝、家に帰ると、玄関の前に薄汚い布の塊みたいなものが置いてあった。 なんだこれ気持ち悪いなと思ったので、ドスッとヒールで蹴り除けてみると、文字化しづらいうめ 〈続きを読む〉