すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:666字
「なりたいのは、お姫様じゃないのよね」 「なに? じゃあ、王子様役?」 ウィンドウショッピングにも疲れ、コーヒーショップに入った私たちは、いつものように与太話 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ・ Ambrose お題:求めていたのは姫君 必須要素:ぬりかべ 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:1010字
そのおぞましい石壁は、昔なにかで読んだ妖怪の、ぬりかべを彷彿させるものでした。 今にでも倒れてくるのではないか、その付近を歩く人間すべてが一度は思ったでしょう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:むそう。 お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:198 人 文字数:583字
あるところに、それはそれは無欲な王子様がおりました。決して贅沢をせず、土地も、財宝も、何も欲しがらない王子様。と、そこまでは良いのですが、民の信頼も、いずれやっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:求めていたのは姫君 必須要素:2000字以上 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:1113字
読書感想文を書けと言う宿題が出たのでわたしはいま真剣に原稿用紙と向き合っている。四百字詰め原稿用紙を最低五枚、ようするに二千字以上の感想文を書けと言うのだ。な 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:求めていたのは姫君 制限時間:15分 読者:267 人 文字数:713字
根性がねじきれてねじきれて、ひとりになってしまえばよいのです。 鈴を転がしたような声でそんなことを言うものだから、私は気が飛んで、言葉が出なくなってしまった。 〈続きを読む〉