すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:にい お題:残念な許し 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:2985字 評価:3人
教会の懺悔室は今日も満員御礼で、すし詰めになった室内から入り切らない人の尻が覗いているほどだった。「日曜の朝だってのに」 ミサを取り仕切る神父様は不満げだ。せ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:東雲しいかは文を書きたい お題:残念な許し 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:26 人 文字数:824字 評価:1人
いつからだろうか。 酔うのを忘れたのは。 仕事が終わり、今日も終電に乗り自宅であるアパートへ着いた。 うつらうつらにポケットから鍵を取り出し扉の鍵穴へ差し入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:破死竜 お題:残念な許し 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:1714字 評価:0人
三島由紀夫。 ・・・・・・の死に衝撃を受けて、自衛隊に入った作家といえば、浅田次郎である。 特別に好きな作家であった、というわけではなかったが、”あの時代を作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:残念な許し 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:17 人 文字数:3157字 評価:0人
あーあ、と嘆きながら本の背表紙を撫でた。わたしからすれば等身大の大きさのそこに欠けがあったのだ。つい先ほど、迂闊にも棚から本を落としたせいだった。まじ粗忽。図書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:残念な許し 必須要素:三島由紀夫 制限時間:1時間 読者:38 人 文字数:3354字 評価:1人
マルシスの下には天使がいた。 天使と彼の出会いは今から10年ほど前、マルシスがまだ大学生の頃のことだ。 マルシスの父親が所有する南の島でバカンスを楽しんでいた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
談完 ※未完
作者:濃口ソルト お題:残念な許し 制限時間:15分 読者:87 人 文字数:602字
「結局、おまえは売れてる師匠につきたいだけじゃないか」「そんな、ことはないですよ」 そんなに酒が強くない木村は早くもろれつがあやしくなった舌で反論を試みた。兄弟 〈続きを読む〉