すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:来年の粉雪 必須要素:資料 制限時間:1時間 読者:31 人 文字数:2377字 評価:0人
「あー、十一月も三日も過ぎたらハロウィン感はだいぶなくなるなあ・・・」今年のハロウィン沙汰も様々な事があったようである。軽トラが横転したり変態仮装行列っていうワ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:来年の粉雪 必須要素:資料 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:3109字 評価:0人
「今なにやってる?」「べんきょー」「嘘だな」「本当だって」「ひと段落とか考えて、そのまま本格休みに入るパターンだと見た」「見てもいないくせに言い当てるなよ、あた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:来年の粉雪 必須要素:資料 制限時間:1時間 読者:28 人 文字数:2824字 評価:2人
しゃんしゃん、とステッキを振るだけで、虚空から雪の結晶が生み出された。机一面に降り注ぎ、黒い斑点が広がっていき、やがては白く降り積もる。パウダースノー。長くは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:** お題:来年の粉雪 必須要素:資料 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:1874字 評価:0人
誰かの手が、まるで伝書鳩のように私の肩にポンと乗った。午後のまどろみから目覚めさせてくれた若い男性。彼は私立探偵である。「だいぶお疲れのようで」彼の労りの言葉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:来年の粉雪 必須要素:資料 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:2720字 評価:2人
雨よりも、雪が嫌いだ。 窓を叩く雨粒も、車軸を流すような雨も、息が詰まるようなどしゃ降りも、まったく好きではないけれど、それでも雪よりはマシだった。 雨は全部 〈続きを読む〉