すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:有名な昼 必須要素:唾液 制限時間:1時間 読者:45 人 文字数:3131字 評価:0人
ふと、本当にふと、思ったことだからあんまり食いつかれても困るんだけども、この世の中には、「月に代わってお仕置きよ」っていう人達がいる。いるでしょ?知り合いの奥さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:有名な昼 必須要素:唾液 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:2733字 評価:1人
ミナミノレイの一挙手一投足、朝起きてから夜寝るまで、眠ったあとでさえもカメラのレンズが向けられなかったことはない。ファインダーを覗いていたのは麻里子だし、カメ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:有名な昼 必須要素:唾液 制限時間:1時間 読者:37 人 文字数:3539字 評価:0人
身震いしながら見れば、列は一向に短くなる様子がなく、老若男女のつむじばかりを眼球に捉えた。最果ての奥には、ただの一軒家と見紛うばかりの店がある。青色の、なんと書 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:有名な昼 必須要素:唾液 制限時間:1時間 読者:57 人 文字数:4200字 評価:1人
いくら美人が作ってるからって、こんなのは異常だ。 佐々木フミカはスパイスの臭気漂う会議室を見渡した。 フミカの勤める会社は、お昼時になると二つある会議室の内の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ざきもま@病気療養 お題:有名な昼 必須要素:唾液 制限時間:1時間 読者:34 人 文字数:1134字 評価:0人
大分鬱屈しているので、小説でも久しぶりに書こうかなと思ってサイトを開いたら久しぶりにバトルでした。しかも明日マラソン大会だというのにまだ大して用意もしてないんで 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:苺子 お題:有名な昼 制限時間:15分 読者:357 人 文字数:467字
この会社で一番有名な昼休みの光景とは、きみと僕がいっしょにいることらしい。有名な、というはなんか変な言い方だけども、とにかく噂になっているらしいのだ。昼休み、社 〈続きを読む〉