すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:302 人 文字数:446字
花がどんどん元気をなくしてゆく。しおしおとこうべを垂れた、名も知らないその花をじっと見ながら男はため息をひとつ。見渡せば、あたりはすっかり枯れた植物が倒れこんで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:森野いづみ お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:254 人 文字数:1132字
世界がまだ灰色だった時代です。 あるところに一人の魔法使いがおりました。 魔法使いは物凄い力を持っていましたが、全てのものから愚者だと罵られておりました。 あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:最後の馬鹿 必須要素:右ストレート 制限時間:15分 読者:294 人 文字数:530字
彼は聡明な人だった。たぶん、私が知っている大人の誰よりも、色んな事が見えていて考えられる人だった。いつも優しい笑みを湛えていて、誰に対しても温厚に、柔和に接する 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
最後の日 ※未完
作者:いぬ お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:745 人 文字数:1392字
段々雲が厚くなってくる空。どことなく慌しい町並み。 天気予報で明日は荒れるって言ってたせいかな? 一応私も確認はしてるけどそんなに大げさには捉えてなかったり。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:最後の馬鹿 制限時間:15分 読者:332 人 文字数:281字
片目をつぶった男は葬儀に遅れてやってきた。 遅れてきたのにその男は悪びれる様子が一つもない。 仏を前にしても涙を流すわけでも、悲しみをこらえるわけでもない。 〈続きを読む〉