すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:422 人 文字数:464字
朝起きると、私は螺旋の上に乗っていた。 いつものことだ。 私はいつも目覚めると螺旋の上にいて、ただひたすら人を待つ。 昔はもっと私のように螺旋に乗ってるやつも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:高広 お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:307 人 文字数:618字
そこには夢が詰まっている。 窓の外では深々と雪が降り続けていて、時折思い出したように噴いた風ががたがたと窓枠を鳴らした。一般的な家庭用の電気ストーブの健闘も空 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ねこ飯 お題:愛すべき螺旋 必須要素:インドカレー 制限時間:15分 読者:349 人 文字数:624字
螺旋を描くことは全てにおいて通ずる、と誰かが言っていた気がする。誰なのかは覚えていない。だが、現に今私は螺旋と共に生活している。 料理、というものはあまり得意 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:愛すべき螺旋 制限時間:15分 読者:295 人 文字数:605字
「もう、兄貴のせいでまた振られた」 その言葉を聞くために生きている。弟が女の子に振られるのはどうやら俺のせいらしい。通学カバンを下げながら不機嫌そうに言い放つ弟 〈続きを読む〉