すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:327 人 文字数:729字
これは決して初恋などではない。 仮にも二十歳を過ぎた男なのだ、恋愛経験の二つや三つくらいある。それらの経験は僕の中に蓄積され、ひとかどの知識として確立されてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:369 人 文字数:559字
「ドラえもーん。スネ夫が新しいゲームを買ってもらったんだって! 僕も新しいゲームが欲しいよー」「まーた、のび太くんはそんなことばかり言って! しょうがないだろ。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:戸塚こだま お題:意外な扉 必須要素:予備校 制限時間:15分 読者:303 人 文字数:1159字
「エックス・プラス・ワイ・イコール・ゼット・マイナス・ダブリュー・かける・ダブルマイナスエックス・アンドワイ・セブンアンド・プラスマイナスマジックハラミ」「エッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:525字
その部屋には扉がなかった。 いや、そもそも入れる切れ目というのも無ければ外界との境目さえこの空間にはない。 この空間が世界。そう言われれば納得してしまいそうな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
ふいうち。 ※未完
作者:ヒベリュウ お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:258 人 文字数:1048字
静かだな。音がしない、何も。なんにも。まぁそれは比喩なんだけど。人の言葉も、何も心に響かない。何でだろうなあ。考えても特に答えは出ないんだけれど。静かだな。多分 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
自然な意外 ※未完
作者:砂糖 お題:意外な扉 制限時間:15分 読者:255 人 文字数:1140字
僕は街を歩くのが好きである。街の雑踏の中で様々な人との擦れ違いや喧噪、そうした中で考えることは、静かな場所での瞑想よりもよっぽど深く思考ができる。僕らはいつも意 〈続きを読む〉