すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:227 人 文字数:148字
――アオオオオン……アオオオオン………… 犬の遠吠えが聞こえる。飼い主に戻ってきてほしいと嘆願しているのであろう。 だが、その言葉なき嘆願は聞き入れられること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
犬(適当) ※未完
作者:パジャ@デッサンの鬼 お題:悲観的な犬 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:388字
僕の家の庭にはボロっちい犬小屋がある。お父さんが子供のころからあるらしく、ペンキはすっかり剥がれ、木は虫に喰われたように朽ちている。以前何匹かそこで犬を飼ってい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:無力 お題:悲観的な犬 制限時間:15分 読者:189 人 文字数:733字
ハローハロー、聞こえますか。ぼくがだれか解りますか。…ああ、そうですか、いいんです、ぼくはあなたにとってはその程度で存在でしょう、それくらいは理解しています。で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な犬 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:188 人 文字数:385字
悲観的な犬が真理だとして我々はもしかしなくとも態度を改めねばなるまい我々はとかく積極的なものに心を奪われるどうして悲観的で在ることが真理から遠いと言えよう結局は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鈴木良尚 お題:悲観的な犬 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:196 人 文字数:672字
この家に来てからどれだけ時間が経ったろう。箱に入れられ、道に放置されていた僕を拾ってくれ、この家にやってきた。もう5年は立っているのではないだろうか。この家もず 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:悲観的な犬 必須要素:FX 制限時間:15分 読者:211 人 文字数:261字
ある街の特に賑わっているわけではない区画を、私は歩いていた。表の通りは賑わっているが、一本裏に入れ昼も薄暗い、そんな場所で一匹の犬を見た。正確には、犬だったもの 〈続きを読む〉