すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:思い出の妻 制限時間:4時間 読者:122 人 文字数:500字
「はぁ……はぁ…………。」 妻の介護に疲れた私は、ソファーに深く腰掛ける。 ふと、私は傍に置かれていた写真立てを眺めていた。 写真立てには、若かりし頃の私と妻が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なすっく お題:思い出の妻 制限時間:15分 読者:106 人 文字数:728字
「何だよ、お前結婚してたのかよ」「いや、してないけどさ」「は?訳分からないんだけど」空になったビールの缶をどけて、新しい缶に手を付ける。プシュ、と心地いい音が響 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イマジナリー甲羅B、亀 お題:思い出の妻 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:751字
かの人を思うだけで、底冷えのするような感覚に襲われる。心臓が大きな音をたて、体中の血の気が引いてゆくような。背筋がぞくりと震えるような。そんな思い出、だった。写 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:孤独 in USA お題:思い出の妻 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:331 人 文字数:440字
長年連れ添った妻を亡くしたのは昨日のことで私が末期のガンで病院に長期入院している最中の事だった……。死因は心臓発作だったらしい……後から医者に聞かされたのだが私 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タカスガ即興小説用 お題:思い出の妻 制限時間:15分 読者:389 人 文字数:924字
思い出の中に残る妻の顔は、常に左向きだった。 その向きの顔の方が気に入っているから、と妻は言っていた。左向き、つまり右頬を映してほしいと。写真を撮るなら、左向 〈続きを読む〉