すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:左の団地 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:530字
学校からの帰り道、僕の家まであと角ひとつの所、左手に団地があった。4階建てが3つならんだ、寂れた小さな団地。通称、おばけ団地。そこにアイツは住んでいた。よく同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:井田豊里 お題:左の団地 制限時間:2時間 読者:510 人 文字数:1669字
「イェイド!あにさま!ほら、また寝てないで!遅刻しますよ!!」いつもの人力目覚ましが壁越しに聞こえてきて、にわかに隣家が騒がしくなる。寝ぼけ眼で見やった枕元の目 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
左の団地 ※未完
作者:はっちゆき お題:左の団地 制限時間:15分 読者:255 人 文字数:148字
この時期に格安でアパートを借りることが出来たのだから私は幸運だった。雨風がしのげればどこでもよかったのだが、相手の熱意に負けてついアパートなどわ借りてしまった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:三月 秀嵐(課金騎兵モバマス) お題:左の団地 制限時間:15分 読者:270 人 文字数:667字
いつもの見回りの仕事。こういう仕事をしていると、街の変化にはよく気づく。昨日は新しい喫茶店がオープンした。一昨日はゲーム屋が閉店していた。そして、今日は団地の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:か ら あ げ お題:左の団地 必須要素:年収 制限時間:15分 読者:319 人 文字数:650字
かつてこの地区を支配下に治めた大名は、一体何を思ってこんな街づくりをしたのだろうか。 とある城下町。日本にならよくある、一見ごく普通の城下町。 だが、地図を見 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:青汰は垢お引越ししました。 お題:左の団地 制限時間:15分 読者:339 人 文字数:793字
私の住む家の真正面に、団地が2角ある。 左に団地、右に団地。真ん中には並木道がある。春には桜のトンネルができて、秋には紅葉のトンネルになる並木道だ。 ところで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ほかほか お題:左の団地 必須要素:年収 制限時間:15分 読者:227 人 文字数:363字
すぐ婚なんてのも聞きますが、私はとにかく相手の気が変わらんうちに結婚したいのです。私と彼が出会ったのは今月の4日でした。お隣の団地から怒鳴り声が聞こえてきたので 〈続きを読む〉