すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:宮原 桃那☽︎Ixion(原稿中) お題:小さな強奪 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1687字
油断していた。まさか、こんな目に遭うとは。「くっ、何が何でも取り返さないと……!」 犯人は分かっている。最近やたらと突っかかってくるあのクラスメイトだ。 問題 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いさなな お題:小さな強奪 制限時間:1時間 読者:184 人 文字数:1362字
私が初めて先生と話したのは、小学3年生の時だった。きっかけは、私がクラスの女の子から鉛筆をとったこと。放課後、担任と、当時は名ばかりの副担任をしていた先生に呼 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
小さな強奪 ※未完
作者:匿名さん お題:小さな強奪 制限時間:15分 読者:160 人 文字数:241字
「何でもっと気を付けなかったんだろうな・・・」1週間前の話になる。いつもの仕事の帰り道での事、仕事の疲れもあり、僕はバイク事故を起こしてしまった。夜道でガードレ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Mr'フクロウ お題:小さな強奪 制限時間:15分 読者:200 人 文字数:775字
彼女は小さな女王様だった。僕らがまだ小さな子供だった頃、短い髪とそばかすだらけの顔で僕を睨むと、いつも僕のおもちゃを無理矢理取り上げた。一つ年上の彼女に文句を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
裏切り ※未完
作者:匿名さん お題:小さな強奪 制限時間:15分 読者:181 人 文字数:547字
1人の小さな少年がもう1人の、その少年よりやや背丈の大きい少年にすがりついた。責め立てた。大きい少年は知らん振りし、小さい少年を振りほどくとそのまま走って逃げた 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者: お題:小さな強奪 制限時間:2時間 読者:169 人 文字数:3178字
「このあと飯行く人!!」柳斗の呼びかけに珍しくその場にいた全員が手をあげた。家が遠い千春と遠慮がちな志津が揃って参加するなどめったにないことだ。「二人とも来れる 〈続きを読む〉