すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:cicada お題:女のパソコン 制限時間:2時間 読者:12 人 文字数:1338字
冷蔵庫から白ワインを一本、それと冷凍室から、よく冷やしたアイスキューブと光学合成剤を取り出す。グラスへアイスキューブを転がして、その上にワインを注ぎ、そこらへ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SPICE5 お題:女のパソコン 制限時間:1時間 読者:143 人 文字数:1713字
弟が寝た頃合いを見計らって、こっそりと父の部屋に忍び込む。(お父さん、ごめんね) 自分のパソコンは持っていないけど授業等で時折使うためインターネットの閲覧法は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:nana お題:彼女のパソコン 制限時間:30分 読者:383 人 文字数:1105字
「今日はお前の家に行きたい」予想外の提案をされて、思わず真奈美は慌てた。生徒と先生という関係だったときには否応なしにA4が上がり込んできていた自室――ではあるも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女のパソコン 制限時間:30分 読者:389 人 文字数:1013字
彼女の部屋に入るのはこれで何度目だろう。初めて訪れたのは三年前の冬の日だったか。あの頃の私はまだ何も知らない無垢な子供で、彼女に「手ほどき」される事が私の全てと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:澄川涼(ため) お題:彼女のパソコン 制限時間:30分 読者:401 人 文字数:1434字
パソコンは窓だ。いや、windowsとかけているわけではなくて、ボクの感覚として、パソコンは窓なのだ。その窓の外には風景だって人物だっていて、ニュースを見るこ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:いちと お題:彼女のパソコン 制限時間:30分 読者:365 人 文字数:1389字
カチ、とボタンを押し込むと、それは暗闇の中を煌々と照らし始める。必死に目を凝らしながら、パスワードを打ち込み、ログインすると、私は手慣れた動作でテキストファイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:文里荒城@ただ今浮上率低め お題:彼女のパソコン 必須要素:三島由紀夫 制限時間:30分 読者:398 人 文字数:2347字
彼女のパソコンの検索履歴に、見たことのある名前がたくさん並んでいるのに気が付いて、俺は首を傾げた。 三島由紀夫。太宰治。筒井康孝。村上春樹、などなど――。 そ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:彼女のパソコン 制限時間:30分 読者:545 人 文字数:1536字
彼女はいつも、ミニノートパソコンを抱えて歩いていた。 デートの時ですら、オシャレなポーチと一緒に必ずパソコンを入れるOAバッグを携えていた。「置いてくればいい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろっか お題:彼女のパソコン 制限時間:30分 読者:371 人 文字数:933字
わしゃわしゃとタオルで頭を拭きながら、自室のドアを開けた。まるで自分の身体から湯気があがるのではないかと思えるような風呂上り。いつものごとくパソコンの電源を入れ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:薄井。 お題:彼女のパソコン 制限時間:30分 読者:471 人 文字数:524字
パソコンなんて本当に必要なのかな。 バイト先で知り合った彼女は年がら年中「パソコンが欲しい」と言っているけれど、その予算が洋服になったり旅行になったりコンサー 〈続きを読む〉