すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:ケイドウカイイ お題:地獄の昼食 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:140字
国際通りにかかるアサヒビールの看板を遠くに見つめて、白い息を一つ吐いた後、吾妻橋の古ぼけた赤色に眼を落とした。かつて私はよく手持ぶさたのまま欄干に寄掛かって、宵 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:地獄の昼 制限時間:15分 読者:74 人 文字数:1024字
楽しかった給食の時間は地獄と化した。 僕は廊下に立ちつくし、窓から中の様子を見ている。 隣では杉山さんが座り込んで震えている。武田くんも焦点の定まらない目をし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:yellow お題:地獄の昼食 制限時間:15分 読者:102 人 文字数:448字
授業終了のベルが鳴り、どっとため息やら私語やらに覆われる教室。 友達が俺の机の回りに集まってきて、体にインプットされた動作で次々弁当箱を空け、箸をつっこんでモ 〈続きを読む〉