すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:かたぎり お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:76 人 文字数:3311字 評価:0人
みなさーん、こんばんはーきょうはー、この阿久津団地へきておりまーす阿久津津団地、どんな女優さんがすんでいるのでしょうかーきになりますねーこれは地方ローカル番組「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:94 人 文字数:2991字 評価:0人
ぐるぐるとした月が団地の上で蠢き、ときおり地上に目を落とした。眼球は公園に落ち、押し潰された子供がきゃーぎゃーと喚くが誰も気に留めることはない。コンクリート舗装 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ibarrraki お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:85 人 文字数:1731字 評価:0人
私が私自身のためにこの体を操縦するようになってから、1年が経とうとしている。かつての不全が去ったことで、私は異なる不全を知った。***蜘蛛、蛇、ピエロ。高所、閉 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:有馬仙 お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:75 人 文字数:2498字 評価:0人
人には色々とコンプレックスがあるのだが、中でも毛に関する物は女性には当然、男性にも意外と多い。 肌を見せなければ公にもならないし、昨今では脱毛の方法も手近に存 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Yokobayashi Daidai お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:74 人 文字数:2076字 評価:1人
近所の誰かとすれ違う瞬間が一番嫌いだ。 私の暮らす団地の階段は小さい。 お互いに気を使いながら「すみません」なんて言って体を避けながら通るのが苦しくて、私はあ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:海の庵 お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:109 人 文字数:1101字 評価:0人
これは、とある団地妻の毛を巡る戦いである。物語は郊外から外れたマルマル団地C棟の502号室で夫婦が朝食を済ませているところから始まる。「その、本当にやるのか?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
天敵 ※未完
作者:松竹輪子 お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:73 人 文字数:2432字 評価:0人
「あっ、しまった」 私は掃除機のスイッチを押しながら呟いた。いくら電源をオンにしても掃除機の吸い込み口はウンともスンとも言わない。どうやら、壊れてしまったようだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:169 人 文字数:3662字 評価:3人
「脱毛ババア?」 田中はあくまで真面目な表情で、すっさまじい名前だなあ、と俺は顔をしかめた。 俺と田中は、とある団地に来ていた。かなり古びた建物群で、地元民の田 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:キュウミリ お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:87 人 文字数:2164字 評価:0人
率直に言おう。俺の家系は代々ハゲを受け継いでいる。 父も兄も……そしてその例外に漏れず、俺の頭は後退し始めてきた。「お前も兄ちゃんに似てきたな、見事にデコ広い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ふじ お題:団地妻の脱毛 必須要素:二号機 制限時間:1時間 読者:67 人 文字数:2465字 評価:0人
それは、確かに光だった。まるで闇夜を照らす一筋の月明りのように、それは青白く光り輝いていたのである。ミンミンのセミの鳴き声がひっきりなしに聞こえる、季節は夏まっ 〈続きを読む〉