すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
海側の土地 ※未完
作者:匿名さん お題:商業的な海辺 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:706字
「そういえば、あの場所ってどうやって見つけたの?」 ヴィオリーヌはハーブティーを飲みながら、イリスに聞いた。「ヴェールが紹介してくれた不動産屋さんよ。パン屋の経 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
海風からの。 ※未完
作者:レンga★TRPG専用 お題:商業的な海風 制限時間:15分 読者:189 人 文字数:629字
「ちょいと、お姉さん。少し見ていかないかね」 呼び止められたのは、いつもの通学路だった。とはいっても今日は学校を休んで、昼間から外を少しばかり散歩している。 人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:1492字
海の世界。というと何を思い浮かべるだろうか。 イルカ、クジラ? 海の生物だったり、漁業だろうか。 まぁ、色んなものが思い浮かぶと思う。 まぁ仕事ってのは大変だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:商業的な海 制限時間:30分 読者:68 人 文字数:1101字
火の玉のような太陽が海に沈んでゆく今日は雲一つないきれいな空耳には波の音しか届いてこない俺は目の前にあるものがなんであるかを理解することができなかったそれは大き 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:326 人 文字数:493字
遠い未来、水は密漁の対象となった。 数光年の距離を隔てて宇宙に散らばる地球移民の子孫たちが、こぞって母星の水を欲したためだった。人工的に生成した水分では駄目な 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:りゅーちゃそ お題:商業的な海 制限時間:15分 読者:108 人 文字数:487字
海は空に言いました「お前のような真っ赤が欲しい」と。夕暮れ時。浜辺で遊ぶ子どもたちが母の呼び声で帰路を走る頃。海は空の真っ赤を欲しがっていました。「俺はお前のま 〈続きを読む〉