すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:表田 圭 お題:どこかの屍 制限時間:15分 読者:101 人 文字数:509字
綺麗な花が咲いていた。花の名前は知らない。黄色の、小さな花だ。庭の隅にひっそりと、けれど誰かに気兼ねをしている風でもない。「水をあげた方がいいのかしら」「さあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:どこかの屍 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:590字
「死んだ後、誰にも見つけてもらえない人、昔からたくさん居ましてね」 死後三日目、および地縛霊になってから三日目、自分の死体がそろそろ悪臭を放ちはじめた頃、施錠さ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
※未完
作者:かたぎり お題:どこかの屍 必須要素:囚人 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:298字
バッシュバタッ暗闇の中に羽バッシュ、バッシュおお、清次郎強いな暗闇のはるか上で眺めるのは研究者平木ここは遺伝アルゴリズムの地下実験室だバッシュ、バッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:茶@出涸らし お題:どこかの屍 制限時間:4時間 読者:219 人 文字数:3143字
大量に積み重ねられたソレを見て白髪に水色のメッシュが入った清掃員姿の男は深く溜息をついた。「さすがにこれは俺一人じゃ無理じゃないかな…」人の姿をしていたらしいは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:風呂助 お題:どこかの屍 必須要素:コショウ 制限時間:4時間 読者:208 人 文字数:5361字
現代のように公共事業が、社会基盤として順調に整う前は自分達の住む共同体の環境は、自らで行うのが普通だったがその表と裏があるのは、いつだって同じなんだよ。 ここ 〈続きを読む〉