すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:じき創作(ツイ減に努める) お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:203 人 文字数:400字
結局、某国から私が日本に帰国したのは春の始めのことであった。本来の予定であれば私は年明けには東京の土を踏んでいるはずであったのだが、向こうで出会ったバックパッカ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
Hero ※未完
作者:ねここ お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:282 人 文字数:660字
薄墨色の御簾が街を覆うような夕べであった。まとわりつくような細かな雨に、じとじとと体中が濡れそぼる。黒髪の男は盛大にくしゃみをして、「ふぁあ~」と気の抜けるよう 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
らぶーる ※未完
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:230 人 文字数:452字
ゴーストタウンのように寂れたこの町に嫌気を感じながら職場から帰路についていた。仕事はいつもいつもルーチンワーク、マンネリズムも甚だしく無限輪廻から解脱すら出来る 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ヘタレな先輩 お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:659 人 文字数:644字
私は今、公園にいる。公園はジャングルジム、砂場、滑り台しかなく軽く霧雨が降っている。ちなみに平日なのに公園にいる理由ははっきり言って只のズル休みである。会社に行 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:262 人 文字数:531字
傘をさすほどではない、微妙な雨だった。両手には買い出しの荷物も大量に持っているし、そんな余裕もない。サンジは霧雨でかすむ街へと足を踏み出した。食料補給のためによ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ヌノネール お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:234 人 文字数:251字
さっき出てった友人がずぶ濡れで戻ってきた。「あれ、雨降ってんの?」「ぐちゃぐちゃの霧雨だったよ……」「それを言うなら霧雨でぐちゃぐちゃ、だろー。小雨なめるからそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろく お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:264 人 文字数:133字
私は仕事でミスを犯した。すると、とにかくうるさく嫌味で有名な先輩社員が飛んできて、ぐちぐち言い始めた。この先輩の嫌なところはとにかく細かいのだ。重箱の隅をつつく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:やまいも@文学フリマ東京「カ-55」 お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 必須要素:節分豆 制限時間:15分 読者:309 人 文字数:427字
――1つ、2つ、・・・子供のように、欲もなく、いつも満足し、楽しく生きていけるのが一番の幸せだと思っていた。――11、12、・・・いつしか自分にも欲が芽生えてい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:ぐちゃぐちゃの霧雨 制限時間:15分 読者:365 人 文字数:504字
びしょ濡れなんてもんじゃなかった。 濡れる……というよりもう自分自身が水分になった気分。 ひたすら汚れた俺にとって久々のシャワーだ、なんて喜んだのは一瞬のこと 〈続きを読む〉