すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:リケリケ@陰龍も一本釣り お題:いわゆる洞窟 制限時間:1時間 読者:136 人 文字数:239字
こんにちは!いま私は自然に出来た地下空洞、いわゆる洞窟にいます!ここにはたくさんの生物が住んでいるんですよ。例えばこの魚、この洞窟固有の種であり、保護が即急に求 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
崖の上の洞窟 ※未完
作者:匿名さん お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:226 人 文字数:359字
大きなバッグを背負う雄介は、懐中電灯を洞窟内へと向けた。「とうとう着いた……」 安堵の篭った声でそう呟くと、雄介は背後に目を向けた。雄介の立つ遥か下には、途方 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:197 人 文字数:644字
銭洗弁財天には、いわゆる洞窟と呼ばれるところがあるように思える。 正式な名前は忘れたが、確かにあれは洞窟であろう。山をくり抜いて作られたような、薄暗い通路の中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:すみやき お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:403 人 文字数:695字
気がついたらびしょ濡れだった。 自分がびしょ濡れだと言うのに、なぜか全く寒くはなかった。逆に少し暖かいくらいだ。 周りを見渡すと真っ暗だった。ただ自分が生暖か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のり お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:268 人 文字数:533字
僕は一体どこにいるのだろう。薄暗い蛍光灯に照らされた通路には沢山の人人人。息が詰まりそうだ。飲食店がずらっと並ぶ。お好み焼き屋に串揚げ屋、そば屋にカフェ。べたつ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぜら波 翔 お題:いわゆる洞窟 制限時間:15分 読者:281 人 文字数:341字
自然の力でできたものというのが俺は大好きだ。なかでも、好きなのが大きく空洞のようなもの。そう、いわゆる洞窟だ洞窟探検はやはりテンションがあがる。俺はいくつもの洞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ゆあん お題:いわゆる洞窟 必須要素:恋愛 制限時間:15分 読者:185 人 文字数:619字
「・・・・・・ってぇ」目を開けると暗い岩のようなところだった「え?」驚きを隠せない。俺は…一体どこで何を…水で濡れているYシャツ、そして、俺が今存在しているとこ 〈続きを読む〉