すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:とよ お題:潔白な結婚 制限時間:30分 読者:61 人 文字数:1414字
3年付き合った彼女にプロポーズをした。彼女はサプライズが嫌いだから、普段通りのデートの途中に決行した。指輪を差し出して「結婚してください」と言った。 彼女はそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:素晴らしいサーカス 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:66 人 文字数:1184字
サーカスがあるという。いや、サーカスが来るという表現のほうがサーカスは正しいのか?まあ、全然わからないが、とにかくサーカスがあるという。町内の掲示板にそのポスタ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:素晴らしい笑顔 必須要素: 制限時間:15分 読者:64 人 文字数:994字
先日、愛飲している缶チューハイに新しい味が増えました。今回はパッケージに限定の文字がないので、限定ではないのかもしれません。クリアライム。きょう、いま、飲んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:白い時雨 必須要素:1000字以上 制限時間:30分 読者:65 人 文字数:644字
白い時雨が、頭の中に降り注ぐ。 困ったな、早く書き留めなくちゃあならないのに。「◼◼◼君!聞いてるの⁉」 わかってるよ。聞いてるよ。僕は今、貴女に叱られていて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:いわゆるあいつ 必須要素:漢検 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:4242字 評価:3人
「あの、暗号とかって、解けたりするんですか?」 え、と私は言葉に詰まった。目の前に座る原田さんの目は、真剣そのものだった。「だって、名探偵だって聞いたから……」 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:はいどれんじあくん お題:フニャフニャのお茶 制限時間:30分 読者:50 人 文字数:1252字
ふにゃり。目の前におおよそそれが置かれたとは思えない音が響き渡った。目の前に置かれたのはお茶だ。湯のみに入った、ごくありふれた。決してこの文体が独特な訳ではなく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:素晴らしい消費者金融 必須要素:体の一部がシャコになる 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:2785字 評価:1人
ここにはないもう一つの世界での俺の職業は金貸し屋。貧乏で生活に困窮したやつらに金を貸して、利息をとって儲けを得る。現実世界に持ち込めない利益ではあるが、もう一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:うわ・・・私の年収、何か 必須要素:資料 制限時間:30分 読者:52 人 文字数:1077字
そこに来た女性は、一見普通の垢抜けない田舎娘に見えた。化粧っ気の無い、後ろに一本たらしたおさげ髪の地味な女性。丸顔なのもあって、実年齢より少し幼く見える。彼女 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許せない映画館 制限時間:30分 読者:81 人 文字数:447字
優子はイライラと爪を噛んだ。先程から湧き上がる苛立ちが抑えきれない。眼の前で女性が男性に悲壮な表情で泣き崩れんばかりになにかを訴えている。それが優子の苛立ちを掻 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:純粋な海 必須要素:奴の小指 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:860字
指切りげんまん、嘘ついたら針千本のーます、指切った。 小指と小指をつなぎ合わせて、約束しあった思い出。それはいつのことであったのか、そもそもなにを約束したのか 〈続きを読む〉