すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:振り向けばそこにいたずら 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1090字
今にして思えば、子供のころは多少なりとも無理をしていたのかもしれないと思う。人付き合いとか、元気さとか、子供ってそういうもんだと思っていたが、やはり今の生活の自 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:しろのさくら お題:振り向けばそこにいたずら 必須要素:駄菓子 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:733字
ハロウィンの時期。ある家の玄関先で。「トリック・オア・トリート!お菓子をくれないといたずらするぞ」魔女に変装した子供。「ここにはお菓子なんかないよ」おじいさんは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:青い幻覚 必須要素:1000字以内 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1286字
白黒写真の中に一部だけ色がついてるのがあるじゃない?ああいうのかっこいいよねって思っていたら、自分の視覚がそういう事になって、そういう事じゃない。ってなった。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雷藤和太郎 お題:正しいカリスマ 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1056字
ある日の放課後。 校舎から離れた部室の前に止まったパトカーから現れた数人の警官によって、野球部全員が取り調べを受けることになった。 この事を重く受け止めた高校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:7さい お題:かたい何でも屋 制限時間:1時間 読者:16 人 文字数:411字
「かたいものはいらんかね~ かたいもの~~ かたいものはいらんかね~」「あ、かたいもの屋さん、あずきバー一つ!」「へい、お待ち! 永久歯もぶん折るあずきバー!」 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
夜の帳 ※未完
作者:ぽいす お題:日本式の手 制限時間:1時間 読者:8 人 文字数:827字
物心ついたときから僕の手は誰か知らない人の血で真っ赤だった。 ああわかってるよ。僕だってなにもこんな物騒な書き始めは望んでないけれど、事実だから仕方ないじゃな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:黄金の小説 必須要素:この作品を自分史上ぶっちぎりの駄作にすること 制限時間:2時間 読者:17 人 文字数:1843字
大変なものと居合わせている。「黄金の小説」である。己の人生の中で、一冊出会えるかどうか、というあの黄金の小説である。反して、現在の私自身は「駄作」それもだしうる 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:燃える円周率 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:948字
師匠の書斎からはトイレットペーパーがどこまでも長く伸びていた。なぜトイレットペーパーかというと、あまりにも長い数列を書き記すのに、うってつけの細長い紙だったか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:夏空蝉丸 お題:壊れかけの大学 必須要素:「い」仕様禁止 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:796字
近頃では学生の本分とやらを無視していると学校を首になるらしい。 ま、学生なので首ではないが、退学させられたりするのだ。 確かに、学校側の主張にも一理ある。犯罪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:青鈍 お題:壊れかけの大学 必須要素:「い」仕様禁止 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:488字
「はあ…」大きく息をついた教授に、僕も嘆息した。「どうすっかな…」「どうもこうもありませんよ教授。諦めましょう」「べっつに諦める必要ねえだろ!?」バンとガラクタ 〈続きを読む〉