すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:akari お題:スポーツの土地 制限時間:30分 読者:5 人 文字数:755字
(ついにこの日が来てしまった……) 僕は今、一人で頭を抱えている。目の前には一枚の申請書。一カ所の記入欄のみが記載されたそれは、全国民が提出を義務づけられている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズノガク@即興小説82日 お題:禁断の美術館 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:633字
ーそこは、我々ヒトが踏み入れるべき領域ではなかった世の中にはさまざまな種類で芸術の形がある。芸術とは、ヒトの想像力を創造力により具現化したものである、と私は考え 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
デート ※未完
作者:日ノ宮理李@ハナねね町長 お題:明日の計画 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:946字
……さぁてどうする? この手の催し物は今まで参加したことはなかった。誰かからアドバイスをお願いされることはあっても、本物を見ていない。「うーん」 だからこそ、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:8月の作家デビュー 必須要素:山田 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:813字
作家になりたかった。小さいころからの夢であったが、今まで文章なんて書く事はなかった。きっかけがないことを理由に書く事から避けていただけだけど。書かなくても時間は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あじさいすきお お題:昔の朝飯 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:573字
細い指先でつまんだ茄子の漬物をひらひらと弄びながら、静香は言った。「翔太はさぁ、どうやったら茄子を食べてくれるのかなぁ」 静香はそれを口に放り込むと、奥歯でゆ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ぷりっつ。 お題:ちっちゃなうどん 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:384字
僕の恋人は、ひとくちがとても小さい。小さい癖に、よく食べる。そして、幸せを溢れ落とすみたいに笑うのだ。僕はそんな恋人が楽しそうにご飯を食べているところを見るのが 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あじさいすきお お題:君と運命 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:311字
おいおい、わざわざそっちに行くのかよ。そっちは山根の馬だぜ?そんなにムキになたらなくったっていいのに。聡はしぶしぶ右へ重心を傾けた。「なぁ、山根に勝てっこない 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:興奮した祖父 必須要素:義眼 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:962字
現代の魔術師は義眼に魔法を込め、義眼を対象に投げつけることによって魔法を発動します。 わたしがそのことを知ったのは、わたしが信号無視をしたトラックにひかれてノ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⭕秋牛/七宝明 お題:純粋な犯人 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:706字
「父さん質問があるのだけれども。」姉ちゃんが怒った口調で父さんに詰め寄っていた。「私じゃないぞ。」「まだ何も言ってないでしょ。」即答した父さんに、姉ちゃんが鋭い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:遠い恋愛 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1288字
遠距離恋愛というのは、常々成立しないと思っている。 恋人同士なら、傍にいないとダメなのだ。 そう言うと、わたしの彼は笑った。(心配しなくても大丈夫だって。君が 〈続きを読む〉