すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:Raise お題:飢えた痛み 制限時間:1時間 読者:105 人 文字数:4053字
そういえば、お前のところの奥さん、入院してたんだっけ、と何気ない同僚の一言に、まあ、と曖昧に答える。どういう話をしていたのか思い出そうとして、まあいいか、と水 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:僕マリ お題:凛とした狙撃手 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:778字
恋人を殺した。浮気をされて、カッとなって、ナイフでメッタ刺しにした。生ぬるい血潮を浴びる。手が血で真っ赤になる。人の肉を刺した時の、人の骨がナイフを邪魔する手応 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:馬鹿なお天気雨 必須要素:小説 制限時間:1時間 読者:101 人 文字数:2850字 評価:1人
屋台というよりもキャンピングカーを改造して後部を店にしましたと言った方が正確なそれが、駐車場で堂々とあった。そのラーメン店にふらりと私が足を運んだことに意味はな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京のプロポーズ 制限時間:4時間 読者:225 人 文字数:688字
「好きです付き合ってください」「ごめんなさい、付き合えません」東京スカイツリーでプロポーズしたら断られた俺はその足で浅草の飲み屋で飲んでいた。大体何で付き合えな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ねじれた冥界 制限時間:15分 読者:192 人 文字数:614字
「えーっと、もう一度聞いていいかな?」後輩君のフワフワとした注文を理解できなかったようで、アクマはそう返した。無理も無い。普通、アクマにお願いする内容というのは 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:私の想い 制限時間:15分 読者:228 人 文字数:1040字
最初は気のせいだった。 ただの勘違い、そうそんな感じの日常であるはずだったのに胸の奥に響く想いは日に日に強くなった。 これが恋なんだって思ったときにはもう私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ペキンダック お題:今日のゲストはセリフ 制限時間:15分 読者:146 人 文字数:659字
電子音で鳴り響く鐘の音と共に授業は終わりを告げ、教室はあっという間に昼休みの喧騒で溢れた。机の中に国語の教科書とルーズリーフを仕舞いこんだ悠介の視界の端に、学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:⊂(( 禁 x 酒 ))⊃ お題:幸福な負傷 必須要素:バナナ 制限時間:1時間 読者:126 人 文字数:3216字 評価:3人
ぼくの通う大学に、傷口から真珠が出てくる女の子がいる。 なまえは知らなかった。学部もサークルもおなじではないぼくは、あまり接点がなかったからだ。 なまえは知ら 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:木下バルサミコ酢 お題:僕の小説家たち 制限時間:1時間 読者:130 人 文字数:1265字
十七歳の誕生日を迎えた頃からグリセルダは、他の子供達をひどく嫌うようになった。「……ただいま」 大人びた美声での独り言がだだっ広い廊下にただ消えてゆく。返事は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:真実のガール 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:1100字
「――実は私、女じゃないんだ」「……はっ?」 突然の告白に驚いて、予想外の声が出る。「あなたには悪いけれど、この姿の方が、近づけると想ってね」「だ、だって、おか 〈続きを読む〉