すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:東京のプロポーズ 制限時間:4時間 読者:170 人 文字数:688字
「好きです付き合ってください」「ごめんなさい、付き合えません」東京スカイツリーでプロポーズしたら断られた俺はその足で浅草の飲み屋で飲んでいた。大体何で付き合えな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ねじれた冥界 制限時間:15分 読者:162 人 文字数:614字
「えーっと、もう一度聞いていいかな?」後輩君のフワフワとした注文を理解できなかったようで、アクマはそう返した。無理も無い。普通、アクマにお願いする内容というのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:私の想い 制限時間:15分 読者:186 人 文字数:1040字
最初は気のせいだった。 ただの勘違い、そうそんな感じの日常であるはずだったのに胸の奥に響く想いは日に日に強くなった。 これが恋なんだって思ったときにはもう私は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ペキンダック お題:今日のゲストはセリフ 制限時間:15分 読者:103 人 文字数:659字
電子音で鳴り響く鐘の音と共に授業は終わりを告げ、教室はあっという間に昼休みの喧騒で溢れた。机の中に国語の教科書とルーズリーフを仕舞いこんだ悠介の視界の端に、学 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:記憶の床 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:218 人 文字数:681字
「グルパリ 起きなさい 起きたら 床の血痕 なんとかしなさい」軽く寝ぼけていたので「ぬかづけ」と答えておいた 数時間後に 正しく起床し あ そうだ ぬかづけを買 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:悪意 お題:鳥の祝福 制限時間:15分 読者:100 人 文字数:429字
天井を見上げると、黒い群れが弧を描くように飛び回っていた。意識が朦朧としている。ピストルで撃たれた跡からどす赤く染まっていきコンクリートにまで染み渡る。マフィア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日ノ宮理李@バブみ道団長 お題:秋の天国 制限時間:15分 読者:109 人 文字数:1186字
秋といえば、自然がガラリと変わる時期。 私の恋愛感だけは全く変わらない。「……お風呂に連れ込みたいなぁ」 でもね、二次元キャラは一緒に入れないんだ。 ……女の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:8月のクリスマス 必須要素:グミ 制限時間:1時間 読者:116 人 文字数:2769字 評価:2人
わたしが小学生の時に住んでいた家には、大きなグミの木があった。春には白い花をつけて、六月ぐらいになると2センチくらいの赤い実がなる。 そう、だからあれは小学校 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:美しい火 必須要素:5000字以上 制限時間:1時間 読者:104 人 文字数:4559字 評価:1人
きっかけが何だったのか、それは分からない。 肩がぶつかったとか、目が合ってしまったとか、きっとそういうこちらからしてみたら何が悪かったのか分からないが、相手に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ぽつタイプライター お題:美しい火 必須要素:5000字以上 制限時間:1時間 読者:119 人 文字数:1690字 評価:4人
午後10時。私とコーヒー巡査は民家を徘徊し、あちこちでマッチを擦っていた。 小さな風がぴゅうと地面を滑りぬけていく。寒空の中、火を扱うのはなかなか難しい。10 〈続きを読む〉