すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:「読み速」公式 お題:天才の凡人 必須要素:輪ゴム 制限時間:30分 読者:208 人 文字数:884字
天才たちが集まる私立栄環学院において、おれはたった一人の凡人だった。 勉強もダメ。スポーツもダメ。帰宅部所属の窓際族。彼女なんて当然いない。 そんなおれの唯一 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:真城うさ お題:求めていたのは食堂 制限時間:15分 読者:112 人 文字数:4986字
数か月前まで読んでいた小説の中の主人公は、随分と厭世主義だった。こんな世の中は嫌だ、こんな世界、何かが間違っている、と、そう思いながら過ごしているような、そんな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まくるめ お題:10の熱帯魚 制限時間:30分 読者:810 人 文字数:1335字
「ウヒヒヒ! ボディを透明にするんじゃ!」 そう言って笑うおれ。 右手には包丁がある。 眼の前では豚骨スープが湯気を立てている。 現在の時刻は午前三時だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:君のむきだし 制限時間:15分 読者:124 人 文字数:1350字
君のむきだしのたわわな果実を鷲掴みしたい。 いくらイケメンであっても、こんな変態染みたことを言われたら、誰だって逃げる。 少なくとも、わたしは逃げた。「待って 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:官能的な土地 制限時間:30分 読者:102 人 文字数:1241字
その土地はしどけなくオレの前に横たわっていた。何がエロいかと言われると説明に困る。が、住宅街に突如現れた、正方形のだだっぴろい空き地を見た途端、俺の眠っていた官 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:真実のラーメン 必須要素:うへへ 制限時間:1時間 読者:111 人 文字数:3749字 評価:4人
ラーメンはいつの間にか、高尚なものになってしまったのかもしれない。 空前のラーメンブームは、全国にたくさんのラーメン屋を開店させてきた。現在では、人口の7倍近 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:うへへ、死刑囚 制限時間:15分 読者:186 人 文字数:541字
誰かの平穏が自分にとっての罪悪に感じた。「おい、マッチ棒を持ってこい」看板に描かれた顔は猫にそっくりだった。首を吊るす為の縄を短いろうそくで照らすと、見事な白鯨 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:イトカ/欄橋 お題:バイオ味 制限時間:1時間 読者:119 人 文字数:4267字
お題:旅・サイバーパンクキャッチフレーズ『ありふれたこの世界で、自分を見つける旅に出る』本編絵本の中で紡がれる青い空のお話。物語は白い鳥が怪我をしたところから始 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:R お題:昔の春 必須要素:首相 制限時間:15分 読者:121 人 文字数:332字
「偉い人の顔が変わったね」テレビをみていた友達がつぶやいた。私は学校の課題をたくさん抱えていて、そのひとつの平面構成作業で忙しかったので、「うー?」と生返事しな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:シンプルな性格 必須要素:英検 制限時間:1時間 読者:117 人 文字数:2416字 評価:1人
2010 6 ××高等学校 普通科 中退 以上 白いな。 横に長いマスが、嫌味たらしくたくさん縦に並んでいる紙を見て、俺は顔をしかめた。 その一番上で二行しか 〈続きを読む〉