すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:とよ お題:コーヒーと部屋 必須要素:1万字以上 制限時間:1時間 読者:127 人 文字数:1718字 評価:4人
築20年のアパート。1階、1Kの部屋。駅から徒歩15分。隣人は何年もいないから、騒音も気にならない。 ここに住み始めて6年が過ぎた。学生時代こそ家に友人を呼ん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:アルパカのカップル 必須要素:3000字以上 制限時間:1時間 読者:102 人 文字数:1445字 評価:1人
私は彼のしっかりとした足取りが好きだった。文字通り、歩き方の男らしさはもちろん、同い年とは思えない器の広さ。他の男には感じない貫禄があった。貫禄といっても老成し 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:すごい略奪 制限時間:1時間 読者:133 人 文字数:2828字
ここはとある学校。といっても私の通っている公立の、特段有名な話も、強い部活もあるわけでもない普通の学校だ。サッカー部は県大会をベスト16で終えたし、野球部は甲子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴旬深八 お題:アルパカの時雨 制限時間:30分 読者:131 人 文字数:1304字
それが始めて観測されたのは、この星の原住民がそれなりの文明を築き秩序も整ってきた頃だった。白くてふわふわした、謎の浮遊体。それも何千から何万もの単位で宇宙を横切 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:楽観的な友人 必須要素:栓抜き 制限時間:1時間 読者:108 人 文字数:3370字 評価:2人
大学で知り合ったイガラシは、相当なプラス思考の持ち主だった。 どんな時も明るいし、誰かが挫けたようならば励ます。理想的な人間に最初は見えた。 だが、友達付き合 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:弱い太陽 制限時間:15分 読者:161 人 文字数:1177字
タイヨウなんて名前を付けられるくらいなんだから、かなりイケイケの兄ちゃんを思い浮かべていたのだが、実際に会った大原タイヨウは、何だかなよっとした男の子だった。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:限界を超えた殺し 必須要素:爆弾 制限時間:1時間 読者:113 人 文字数:4143字 評価:1人
僕の家族は新興住宅地に家を買って引っ越したのだが、新築の癖にこの物件、幽霊が出る。 ひとりでドアが開くとか悪夢を見るとかだったら、ただの欠陥住宅やシックハウス 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:昨日食べた狼 必須要素:ご飯 制限時間:1時間 読者:132 人 文字数:2825字 評価:3人
会議室のカーペットタイルに鮮血が飛び散る。赤いしたたりが顎を通って口から落ちていく。 噛み千切った肉をずるりと飲み込んで、倒れ伏したそれを僕は見下した。 お腹 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あとーす@蓼食う本の虫 お題:思い出の小説合宿 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:1205字
僕がその文芸部に入ったのは、今からちょうど十年前のことだった。大学に入学した頃の僕は何者にもなれたはずなのに、どうして文芸なんて志してしまったんだろう、と今に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:未明 お題:つまらない衝撃 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:1199字
彼はすれ違いざまに僕の肩を思い切り殴る。 後ろから歩いてきた彼に背中を蹴りつけられたこともある。 教室で席についていれば机を音を立てて蹴り上げられた。 彼は微 〈続きを読む〉