すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:さざなみ お題:名付けるならばそれはつるつる 制限時間:15分 読者:119 人 文字数:496字
……宇宙みたいだな、と思った。 宇宙。そう心の中で反芻する。それはなんだか、とてもしっくりとはまる表現のように思えた。透明感の強いスカイブルーの"それ"。 お 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
水の音 ※未完
作者:匿名さん お題:綺麗なピアニスト 必須要素:もみあげ 制限時間:15分 読者:922 人 文字数:451字
僕は毎週通っている場所がある。駅から歩く道にはカフェテラスが並び、コーヒーの香りとかしましい笑い声が響く。石畳の道は、革靴で歩くのにちょうどいい。女性がハイヒー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にぼし お題:汚れたロボット 制限時間:15分 読者:132 人 文字数:808字
足元がうごめいたと思うと地面が盛り上がり、手が現れた。思わず悲鳴を上げそうになったがアイリスは口を噤む。マリオネラが駆けつけてまた「だから危険と申し上げている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:潔白な結婚 制限時間:30分 読者:131 人 文字数:1414字
3年付き合った彼女にプロポーズをした。彼女はサプライズが嫌いだから、普段通りのデートの途中に決行した。指輪を差し出して「結婚してください」と言った。 彼女はそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:素晴らしいサーカス 必須要素:アクション 制限時間:15分 読者:133 人 文字数:1184字
サーカスがあるという。いや、サーカスが来るという表現のほうがサーカスは正しいのか?まあ、全然わからないが、とにかくサーカスがあるという。町内の掲示板にそのポスタ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:白い時雨 必須要素:1000字以上 制限時間:30分 読者:118 人 文字数:644字
白い時雨が、頭の中に降り注ぐ。 困ったな、早く書き留めなくちゃあならないのに。「◼◼◼君!聞いてるの⁉」 わかってるよ。聞いてるよ。僕は今、貴女に叱られていて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:許せない映画館 制限時間:30分 読者:147 人 文字数:447字
優子はイライラと爪を噛んだ。先程から湧き上がる苛立ちが抑えきれない。眼の前で女性が男性に悲壮な表情で泣き崩れんばかりになにかを訴えている。それが優子の苛立ちを掻 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:淡い衝撃 必須要素:直木賞 制限時間:1時間 読者:141 人 文字数:1802字 評価:6人
「ぼくもお父さんみたいな小説家になりたい」無邪気にそう言っていたのが25年前。30歳も間近になった今、営業マンとして働きづめの毎日だ。月曜から木曜は外回り、金曜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:isa お題:蓋然性のある境界 必須要素:美しい情景描写 制限時間:1時間 読者:103 人 文字数:2920字 評価:2人
有刺鉄線の此岸と彼岸。西側の武器を持った兵士と東側の武器を持った兵士は疲れ切った表情で顔を合わせ、何か語るでもなく直立不動の姿勢を貫いている。ベルリンの壁のよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:とよ お題:コーヒーと部屋 必須要素:1万字以上 制限時間:1時間 読者:182 人 文字数:1718字 評価:4人
築20年のアパート。1階、1Kの部屋。駅から徒歩15分。隣人は何年もいないから、騒音も気にならない。 ここに住み始めて6年が過ぎた。学生時代こそ家に友人を呼ん 〈続きを読む〉