すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:サカッチ/九鹿 お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:980字
あるべきものが無い。 なんとなくこの感覚には覚えがあった。そうだ、腕の血が圧迫とかで止まった状態で朝起きたとき、その腕が冷たくなってたときと同じなんだ。動かそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:初めての四肢切断 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:722字
『レディース、エーン、ジェントルメェン! お待たせしました! 今宵も人体切断マジックの時間がやって参りました! 担当はおなじみ、わたくしジョンが務めさせていただ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:なたね お題:アブノーマルな多数派 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:855字
「我々は幸せです」 今朝、そんなことを不意に話し掛けられた。 名前も、顔も知らない。どちらかというとため息の似合うおっさんは、続けてわたしに言ってくる。「世界中 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
伝説の狙撃手 ※未完
作者:びお~ら お題:理想的な父 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:444字
「ターゲットの絶命を確認」「こちらでも確認。急ぎ離脱しろ」私が引き金を引き、標的の頭に深紅の華が咲く。発見は10分以内の予定、逃げおおせるには十分な時間だ。「セ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:2490字 評価:0人
生前、嘘をつくと、舌を抜かれて地獄に落とされる。という話をよく聞いた。嘘ついたら舌を抜かれる。嘘ついたら泥棒の始まり。嘘ついたら針千本飲ます。嘘ついたら人さらい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:2583字 評価:0人
崖上へ残った轍は一直線にガードレールへ突っ込んでいて、ブレーキを踏んだ痕もなく、自殺は一目瞭然だった。今は警察車両や作業車が集まって、崖下に落下した車を引き上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:10 人 文字数:3223字 評価:0人
小学校で、帰り道、僕は検察官に会った。もっとも、そうだとは信じることができなかった。よく犬がマーキングしている電柱に財宝が埋まっているのだと言われた方が、きっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:12 人 文字数:3049字 評価:0人
「検察官の仕事はね、犯罪を犯した人を起訴することにあるんだ。起訴することで、犯罪を犯した人を裁判にかけられるだろう? そうして起訴事実が認められれば、罪を償わせ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:実演販売でスライスされる螺子(FancyMeat62@ingress) お題:汚い善人 必須要素:叙述トリック 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:806字
嫌いなものはあるか、俺はいっぱいあるね。くちゃくちゃ音を立てて食べる奴が嫌いだ。あたしこれ食べられないのー、と必要もない状況でアピールする奴が嫌いだ。人の嫌いな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ダツ お題:永遠の探偵 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:886字
探偵であるが、名探偵では無い。今日はそんな男のお話。 彼はそう、探偵である。探偵というのは、例えば伴侶の浮気調査したり、交際相手の信用調査したり、とにかく他人 〈続きを読む〉