すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:正しい同情 制限時間:1時間 読者:14 人 文字数:980字
256回目の恋が、またあっさりと終わった。なので、私は幼馴染みのユウキの元へと向かう。「またふられちゃったぁ!」「今度は弁当に何いれたの?」重箱に一杯のおいなり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Ammo_June お題:うわ・・・私の年収、故郷 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1022字
開拓時代とは、基本的にどの年代においてもおおらかな時代である。なんといっても、結果さえ出せばだれもが一夜にして億万長者になれる時代、あるいは終の棲家と安定した 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いふじ お題:子供の弁当 必須要素:ニュース 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:440字
「明日のお弁当はどうしましょう?」女性はそう呟きながら町は歩く。ハンバーグは止めておきましょう。お惣菜じゃないハンバーグを作るのはあんなに大変だとは思わなかった 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:めのー(瑪瑙連翹) お題:遅すぎた人 必須要素:パスタ 制限時間:30分 読者:18 人 文字数:1152字
「……あれ」 それは、いつも通りの日常にふと湧いた疑問だった。「俺、昨日何食べたっけ」 買い物の途中にふと湧いたその疑問。 まあ、パッと思い出せないだけで思い出 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomomi お題:神の消費者金融 制限時間:30分 読者:11 人 文字数:1082字
水曜日、私は頭がおかしくなった。まず朝1番に、あり得ない人物からの電話を受け取ったのが原因だった。「よう、久しぶりだな。元気にしてるか?」「お前、誰だ」その声に 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:維嶋津@カクヨム お題:複雑な命日 必須要素:靴の中敷 制限時間:30分 読者:17 人 文字数:1427字
確かに死んでほしいと思っていたが、いざ実際に死なれると、なんていうかその、困る。「主人のご友人ですか」 喪服姿の女性に聞かれ、「ああ、ええ、そんなところです」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:振り向けばそこに夫 必須要素:豚骨ラーメン 制限時間:2時間 読者:20 人 文字数:1436字
人骨では駄目なのか。それは極端な例としても、牛骨や鳥骨で駄目な理由があるのか。 少なくとも鼠程度の小動物の骨では効率が悪かろう。何せ出汁をとるわけだから、十分 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
無題 ※未完
作者:しばふ お題:8月の策略 制限時間:30分 読者:12 人 文字数:676字
クソ暑いことこの上ない。それ以外の言葉が見当たらないほどに、僕の思考は炎天によって急速に溶かされていた。繰り返し言葉を重ねてしまい申し訳ないが、本当にクソ暑い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:汚い風 必須要素:会話劇 制限時間:15分 読者:17 人 文字数:1138字
「今日はキャンプに来ました」「どしたの?急に、なんでそんなことを言うの?」「だって、ほら誰かが説明しないとわからないでしょう?会話劇だって言ってるんだし」「何? 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:tomomi お題:過去の駄作 制限時間:30分 読者:21 人 文字数:1025字
過去に書いた文章を整理していた。ここ5年ほどで百編以上は書いただろうか。私の書く小説はほとんど実体験に基づいているため、見返すと文章の稚拙さに加えて当時の若々し 〈続きを読む〉