すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:男同士の音 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:629字
私は男性成人向けの映像作品(通称:エロ動画)を見ることを趣味としている者である。 酒の席などで「男しかいないから」とついその事について溢してしまうと、男なら皆 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:臆病監督 お題:2つの秀才 必須要素:正月 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:486字
秀才というのは天才とは違う。どこが違うかについていえば、秀才は後天的なもの、天才は先天的なものである。もちろん、秀才になるためにもある程度の素質は問われるかも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:君の耳 必須要素:即興小説のステマ 制限時間:15分 読者:15 人 文字数:1183字
小学校のころ、学校の全校集会で校長先生がこんなことを言っていた。「顔は自分で見ることができません。鏡を使わないとみることができません」とかなんとか。もちろん多く 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
killerbar ※未完
作者:ホノミ お題:誰かはお金 必須要素:ウイスキー 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:896字
繁華街の片隅にネオンの輝くビルに隠れるようにしてその店は立っていた。廃ビルと言われてもおかしくないような古ぼけたビルの2階、ギシギシと音のなる階段を上がり、ドア 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:今年の保険 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:1262字
「わたし、青葉くんに告白しようと思うの」 その日の朝、ナオは突然そんなことを言い出した。 ナオが、サッカー部の元キャプテンの青葉くんのことが好きなのは、わたし達 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:少女の感覚 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:2046字
自分には計り知れないものがこの世には存在する。もちろん筆にしたためたならそれはノート一冊では納まらないことだろう。その中でも自分が最も計り知れないと思い、かつ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:中島大河@シナリオライター お題:限りなく透明に近い芸術 制限時間:30分 読者:49 人 文字数:1710字
目の前に横たわる存在を、マイはジッと見つめていた。「シン、大丈夫?」「自分で分かるよ。もう限界だって」 マイに『シン』と呼ばれた存在は、まばたきもしないまま、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Mr.M@屑字幕実況者@低浮上 お題:昼の敗北 必須要素:旧約聖書 制限時間:30分 読者:13 人 文字数:812字
俺はただ、旧約聖書を読んでいただけのはずだった――-1時間前-キーンコーンカーンコーン昼休みだ。俺は鞄の中から『現代語版!旧約聖書』を取り出した。そして中庭へ向 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:あーの お題:犬のわずらい 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:545字
ご主人は穏やかに笑う人だった。こんな檻の中でずっと過ごしていくのかと思っていた矢先ご主人達がぼくを見つけてくれて、ああこれが運命の出会いっていうやつなんだなあと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:花井利徳『鬼塚伊予の臨床心霊学』 お題:わたしの好きな理由 必須要素:背後で爆発音 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:1121字
背後で、爆発音を聞いた気がした。「うそ……そんな……でも……」 もちろん、何も爆発なんてしなていない。 その音は、真後ろの席の少女が、息を吹き出した音に過ぎな 〈続きを読む〉