すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:山の端 お題:冷静と情熱の間にあるのは悪魔 必須要素:お湯 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:647字
「旦那様にコーンスターチ湯を作ってさしあげて」「はい」 私はただの雇われメイドだ。今働いている、通称「二つ鏡の屋敷」で、様々な雑事をこなしている。ベテランばかり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
据え膳 ※未完
作者:鬼龍院asanuma お題:やば、紳士 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:1123字
ホントに参ったなぁ… 智樹は肩を組んでくるへべれけの女性、美咲を一瞥し、ため息をついた。 大学の友人から結構強引に誘われた今日の合コン。はっきり言って智樹は全 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:哀れな夕飯 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:754字
裏手の林で捕まえた子羊をローストしておいしくいただいた。小洒落た言い方をしてみたが、ようは直火で焼いただけだ。じっさい、その肉が羊であったかもよくわからない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:こあら お題:暗黒の音楽 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:790字
僕は作曲者だ。ピアノに手を置き、頭の中で音楽を作りながら指で実際に奏でていく。その音たちを紙に書き込んでいき、僕の音は作られる。僕は楽しい音楽が好きだ。跳ねるよ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:898字
ただ彼女はピアノを奏でているだけなのだ。そのことが、何だか急に愛しく思えてきた。 深夜二時に音楽室に行くと、ピアノを弾いている女生徒の幽霊がいる。 たったそれ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:鬼龍院asanuma お題:夜のピアニスト 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:709字
金曜日の夜は、華やかである。 ここ、スターダストラウンジは都会の夜景が一望できるバーで、夜のデートスポットとしてカップルによく利用されている。今日は金曜日の夜 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:淡い世界 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:920字
ゆらぐ光、ほどける輪郭、網膜に滲む世界、水彩絵の具を使えば優しい人だと思ってもらえるんじゃないかと、そんな妄執に囚われたのはいったいいつのことだったのか。おそ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:宮原 桃那 お題:暴かれた娼婦 制限時間:30分 読者:15 人 文字数:1649字
その娼館には、絶対に姿を見る事の出来ない娼婦が居るという。「顔を見せてくれないか」 そう嘆願する男達に、彼女は薄布で顔を隠しながら、艶のある声だけ返すのだ。「 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
失敗でも…… ※未完
作者:海の庵 お題:熱い失敗 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:268字
小説を書いた。蝉が鳴きうるさくじりじり照りつける陽射しをよそにクーラーが点いた一人部屋で外の出来事が遠くに感じつつ黙々と物語を綴ろうとした。が、上手くできなかっ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:史季@ニューリン お題:熱い失敗 必須要素:5000字以上 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:653字
「暑い……」 心躍る旅行へ行くために家を出た直後、口から出たのは真夏の常套句だった。暑い。とにかく暑い。 多分、僕がアイスクリームだったら一瞬で溶けるだろう。ア 〈続きを読む〉