すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:ふす お題:小説家の悪魔 制限時間:15分 読者:12 人 文字数:471字
私は売れない作家だ。どんな作品を書いたって評価は同じ「普通」「どこかで見たことある」「なんか惜しい」私の作品は売れない。それでも私が売れないものを書き続けるのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:未熟な武器 制限時間:30分 読者:6 人 文字数:1580字
「カタールとかはどうだ?」ジャン・バーレルは壁に掛かったショートソードを眺めながら、娘に尋ねた。「お前はまだ小さいからね。大物は荷が勝ちすぎる」「そんな事ないわ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:佐藤りーまん お題:運命の秋雨 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:511字
現在:結合の逆 生き別れの兄弟 弟主人公過去:寛容の逆 厳しい家庭で育つ近未来:調和の逆 兄弟は再会するが、敵対関係だった援助:信頼 弟の恋人敵対:慈愛 肉親の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西塔ゆき@趣味垢 お題:彼の年賀状 必須要素:豚骨ラーメン 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:409字
引越しのため、荷物を段ボールに詰めているときだった。はがきの入ったお菓子の缶ケースの中から三年付き合った彼氏から貰った年賀はがきが見つかった。パソコンの年賀セッ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:いしゅと お題:気持ちいい彼女 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:1058字
高校の図書室で司馬遷の『史記』を読んでいると、同じクラスの志麻英菜に声をかけられた。「また難しい本を読んでるの?」からかうような口調だが、不思議と嫌みがない。秀 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:信用のない土 必須要素:京都 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:418字
「よう来なはったなぁ」僕は、そう言われながら、京都の土を踏みしめた。僕はとある新聞記者、都耕一。そして、記事を書くための取材に、京都に来た。しかし、京都の記事を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:相座 お題:うわ・・・私の年収、駄作 制限時間:30分 読者:10 人 文字数:921字
私は知らなかったのだけれど、上流階級の皆々様は年収を芸術作品になぞらえるらしい。「小さなものなら、ピカソの絵が買えるよ」「オークションで買った芥川の生原稿、あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
告白 ※未完
作者:匿名さん お題:オレだよオレ、ピアノ 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:550字
私は大手経済新聞のベテラン記者だ。今日は、歴史に名を残す楽器が数多く展示している国立の博物館の取材に来た。 また、この博物館の館長は女性だ。この業界では世界初 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:絶望的な同性愛 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:409字
不知道为什么会抽到这样的题目。因为心情非常低落,所以才打开即兴小说的网站。想着如果打开时限,跳进一个远离现实的主题故事,应该就会没有任何烦恼了吧。可是题目却像是 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
喫茶 ※未完
作者:匿名さん お題:紅茶と川 制限時間:15分 読者:2 人 文字数:356字
ティータイムはどの国にも必ずあると言っても過言ではない。お茶の種類こそ違うものの、茶を楽しむ時間は、その国の文化を垣間見ることができる。 ある国を旅していた時 〈続きを読む〉