すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:美しい少数派 必須要素:800字以内 制限時間:30分 読者:3 人 文字数:590字
「今度こそ・・・今度こそ私が勝って見せますわ!」 「はぁ、いくら世界が恐れる御曹司の娘であるあなた様でも、この”ゲーム”が将来を大きく揺るがすことぐらい存知だ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:youro お題:計算ずくめのロボット 必須要素:800字以内 制限時間:1時間 読者:20 人 文字数:800字
心を作ることは出来るか。 ロボットを人に近づけることで新しいヒトを作り出すことを夢想して研究を続ける科学者はその当時も少なからずいたが、その中で彼は人の心に見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:康一君 お題:ナウいドア 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:58 人 文字数:888字
「『ナウいドア』いりませんか?」「『ナウいドア』……ですか?」「『ナウいドア』です」 力強く言い切られると、こちらとしてもどう返すべきか困ってしまう。 上京して 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:混声合唱ゴライアス お題:メジャーな孤独 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:362字
「人気モノになりたい」が昔からの口癖だった。これと言って、得意なこともないし顔がいいわけでもない。けれどいつも言っている。「人気モノになりたい」ある日、ある事件 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:早すぎた失踪 必須要素:800字以内 制限時間:30分 読者:64 人 文字数:794字
クソ兄貴が帰ってきた。約3ヶ月ぶりに。いや、帰ってこさせられたと言うのが正しいか。クソ兄貴は隣の隣の町の橋の袂で野良猫と野良犬と野良イグアナと南極2号改と仲良 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:佐々野忠司 お題:傷だらけの地下室 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:51 人 文字数:450字
俺はその地下室へ入り、自分の目で確認した。確かに傷だらけだった。「誰がやったんだちくしょう!」その地下室はまだ小さく、産まれたてだった。これから俺が立派な地下室 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:安全な善意 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:860字
純愛にはピザが欠かせない。 男女の関係とはピザに始まりチリソースに終わる。 真っ赤なルージュのような香辛料的ソースに別れを予感し涙した人も多いだろう。 それく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:理想的な経歴 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:54 人 文字数:545字
母方の叔母は変わり者で気難しい人だったという。結婚したのは50歳を超えてから。相手は36歳、初婚の男だった。叔母は大変耳がよかった。絶対音感とはまた違う、神がか 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Syromid お題:名付けるならばそれはプレゼント 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:445字
今日は昨日の続きだ。惰性で連続している。なにもない、人生。俺の人生なんてかいても800字以内で事足りるだろう。原稿用紙2枚程度のものだ。よく自伝的私小説をかく作 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:うわ・・・私の年収、罰 必須要素:800字以内 制限時間:15分 読者:59 人 文字数:808字
800字以内という必須要素が出た。これにはとても好感が持てた。私のいつもの感じで行けば、800字はちょうどよいためである。これが100字以内とかだったら、逆にど 〈続きを読む〉