すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:午睡最中 お題:純粋な体 必須要素:2000字以上 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:481字
家族が、友が、そして愛する妻に感謝する。これまで支えてくれたことを、楽しい時間を、苦しさを分かち合ってきたことを、慰めてくれたことを、時には叱ってくれたことを。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者: お題:帝王の外側 必須要素:2000字以上 制限時間:2時間 読者:52 人 文字数:2103字
‪助けてと嘆いた。‬‪崖の上から落ちそうになり、片手だけで宙にぶら下がっている。‬‪指は5本のうち1本が取れかかっている‬‪もうすぐ取れそうだ‬‪目の前には善人 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作文ノリ ※未完
作者:午睡最中 お題:最弱のむきだし 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:335字
千の、といえばとてつもないような気分になる。とりあえず、千といえばすごいものという感じがする。といっても、これはちょっと昔の言い回しで現代では役不足を感じること 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ナノ お題:ゆるふわ愛され孤独 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:1時間 読者:70 人 文字数:2023字 評価:0人
正直に言えば、みんなに愛されている彼女が羨ましかった。 自分とは正反対のゆるふわ系に属する紗綾は、真衣にとっては憧れだった。 紗綾の周りにはいつも誰かしらいて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:SHYTARN@美少年大好き侍 お題:ゆるふわ愛され孤独 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:2101字 評価:0人
「ちょっと匿ってくれ、追われてるんだ!」顔を突き合わせて開口一番君がそう言うのだから、僕は思わず屋上に君を入れたんだ。「いやぁ、助かったよ。まさか誕生日プレゼン 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:inout お題:ゆるふわ愛され孤独 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:1時間 読者:97 人 文字数:2977字 評価:0人
どうやら僕は笑っているように見えるらしい。城の兵士にそんなことを言われて、ようやく齟齬が理解できた。いつもずっと笑顔でいる――どうやらそう認識されているみたいだ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:タチバナ@小説書きたい探索者 お題:ゆるふわ愛され孤独 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:1時間 読者:95 人 文字数:2214字 評価:1人
「宿題写させてよ」 それは、朝教室に入ると挨拶と一緒にいつも言われる言葉だった。ため息のような息を吐き、気を緩めてにっこりと笑顔を作った。「うん、いいよぉ」「あ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:ゆるふわ愛され孤独 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:1時間 読者:99 人 文字数:3001字 評価:1人
栗山さんのことを僕よりよく知っている男は、この世にはいないだろう。 栗山さんは、僕と同じ高校同じクラスの二年生。下の名前はユキというが、多くの場合は苗字で呼ば 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ミズ お題:ゆるふわ愛され孤独 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:1時間 読者:111 人 文字数:2193字 評価:2人
私は愛されたことがない。 最も、表面上・外面上で愛という文字列を謳われた回数を数えるならその限りではない。けれど、私の願う・望む意味での『愛』が見つかることは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:美しい魔物 必須要素:2000字以上3000字以内 制限時間:15分 読者:61 人 文字数:1156字
月並みな話ではあるが、綺麗な薔薇にはとげがあるという。口伝なのか、それともことわざなのかそれすら私にはよくわからないのだけど、とにかく昔からそういうのはよく聞く 〈続きを読む〉