すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:⊂((・x・))⊃ お題:純白の職業 必須要素:200字以内 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:1198字
200字以内で、このしんぞうを揺さぶる激情を伝えるためには、どのようなことばを選べばいいだろうか。先生。おれはいま、先生に恋をしている。白い白衣、白い肌。冷た 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
河童ラン ※未完
作者:むぢから お題:走る使命 必須要素:200字以内 制限時間:15分 読者:37 人 文字数:580字
終業と共に走らねばならない。ローカル線であるカボス山線は朝昼夕の往復3本、それを逃したら高額なコストを支払っての帰宅を余儀なくされる。親は頼れない。河童の養殖業 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らろんず お題:同性愛のサッカー 必須要素:1200字以内 制限時間:1時間 読者:61 人 文字数:1200字 評価:0人
「先輩!もう聞きましたか、練習試合のこと」突然、部室に後輩の結衣が飛び込んできた。「いや、聞いてないけど」「なんか、先生が相手校の顧問の人と話をつけてくれたみた 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:同性愛のサッカー 必須要素:1200字以内 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:3070字 評価:0人
キッシュは「今日は大丈夫」という日には必ず縦じまの服を着てきた。本当に毎度毎度縦じまの服だったので、ある時それについて聞いてみたことがあった。二人で缶ビールなん 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:たいらひろし お題:同性愛のサッカー 必須要素:1200字以内 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:3311字 評価:0人
もとはといえば、オレが高校の部活動にサッカー部を選んだのは、彼女が欲しかったからだ。 まっとうな理由だろう? なにせ運動部といえばモテモテ街道の花形で、バスケ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:松竹輪子 お題:同性愛のサッカー 必須要素:1200字以内 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:1200字 評価:1人
少し昔、サッカーというスポーツはルールで体の接触が禁じられているにも関わらず、選手たちは腕や体を使って相手の走行を妨げたり、審判に見えないよう平然と服を引っ張 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ごみか お題:同性愛のサッカー 必須要素:1200字以内 制限時間:1時間 読者:42 人 文字数:2883字 評価:0人
貴女のためになら死んだっていい。 そう洩らしたのは、一つ上の先輩であり、同じサッカー部のマネージャーの夏菜子さんだった。 唐突な言葉に私は驚き、そちらへ視線を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:葛原 お題:同性愛のサッカー 必須要素:1200字以内 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1197字 評価:0人
「同性愛のサッカーという題で。紙面の都合上、1200字でお願いします。あと先生は埋め合わせ要因なので、締切は一時間後です」 Y社の編集者が、しれっとこう言ったと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハマジュン お題:同性愛のサッカー 必須要素:1200字以内 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:1198字 評価:0人
サッカーに関する有名な言葉に、ボールは友達だという言葉があるけれど、僕にとってはボールは恋人だ。勉強や恋も犠牲にしてサッカーボールを追いかけてきた。そんな僕に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:同性愛のサッカー 必須要素:1200字以内 制限時間:1時間 読者:46 人 文字数:1200字 評価:0人
スケジュールなどに縛られるのは馬鹿馬鹿しいと予定を軽視する者も多い世の中だが、ゴミ収集車を運転してみれば、時間を守ることの大切さがわかるだろう。 朝の差し迫っ 〈続きを読む〉