すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
過去の記憶 ※未完
作者:浅井浩二 お題:見憶えのあるエリート 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:21 人 文字数:257字
ふと俺がテレビをつけるとちょうどサッカー選手の特集が行われていた。 サッカー……俺には3年前までの記憶がない。その時に俺の教え子を名乗る人物が来て俺がどんな教 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:afternoon runnner お題:薄汚い哀れみ 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:32 人 文字数:862字
銃口が冷たい眼差しを俺に向けている。 「その程度かい、愛弟子」 口の端をニィっと吊り上げ、拳銃を構える男が言った。 「もっと期待してたんだがな、残念無念だよ」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:JP(入江純平) お題:鳥の弔い 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:24 人 文字数:277字
木村は変わった人間だ。見た目だけを考えていえば、同年代の男に比べて少し細めなだけで特段特筆すべき部分があるわけではない。しかし、彼と話したことのある人間ならば、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:トカゲのブランド品 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:615字
今日は舞踏会の日。僕達には縁のない話だけど、衣装について少し揉めている「今日は、派手な緑の尻尾を付けるべきだ!!」長男はいつも尻尾を誇示している。曰く、尻尾があ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:静かな嵐 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:1025字
笹谷知美は、おかしな子だった。彼女は普段から別段に頑固なわけではなかった。むしろ、さっぱりとした気性の明るい少女と言った印象が強かった。けれども意に添わぬ事- 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:にい お題:男の成熟 必須要素:鬼コーチ 制限時間:30分 読者:82 人 文字数:1503字
ど田舎で育ったおかげで、畑仕事は身近な存在だった。実家の所有する畑には、今みたいに便利な作業機械はなく、子供まで人手として駆り出された。 そんな子供時代、仕事 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:君と正義 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:126 人 文字数:872字
「今月末で辞めるから私」ある日の訓練終わり、同じ正義クラブ埼玉支社に通っていた中野さんがそのような事を言って僕はびっくりした。「え?マジで?」中野さんはすでに辞 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:淡い壁 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:131 人 文字数:145字
僕は神だ。神故に起こりうる事態もある。そんな神がかった僕は学校で鬼コーチに片手逆立ちでグラウンドを100周するよう命じられた。ハゲで独身で息も足も顔も臭い鬼コー 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ひづき お題:鳥の運命 必須要素:鬼コーチ 制限時間:1時間 読者:116 人 文字数:3939字
この世に生まれてきたからには、何かしらの運命を持って、誰しも生まれてくるものだ。 寡黙で、口を開けば小難しい話しかできない祖父はそう言って、僕の頭を撫でた。い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:かもめ お題:マンネリな雑草 必須要素:鬼コーチ 制限時間:15分 読者:164 人 文字数:486字
今日もまた、雑草を殺していく。また来たのか、と雑草が笑う。我らが高校の野球部コーチは、俗に言われる「鬼コーチ」である。鬼コーチは小さな失敗にも怒号を飛ばし、ペナ 〈続きを読む〉