すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:クウ お題:紅茶と高給取り 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:8 人 文字数:649字
白磁のカップから湯気が昇っている。死んでいない紅茶だ。淹れたのは、もちろん目の前に座る男だろう。無精髭が生えている。それも丁度いい塩梅の無精髭だ。清潔ではない。 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:のら お題:真紅の怒りをまといし不動産 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:10 人 文字数:1052字
ひどい話もあったもんだと思う。代弁させてもらうとそんな感じ。それでも他人事のように聞いていた話が、よくよく考えて見ると、よく考えなくても自分の話じゃないかそれ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:子供の目 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:421字
「んぅー」気持ちの良い朝 と言うには程遠かった。制服を見るだけで鬱になる自分に笑えてもくる「はぁ」仕方なくいつもの通り事を進める そして自転車に乗り、高校へ向か 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:子供の黒板 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:837字
黒板のところの子供が、今年高校受験だという。「はあー、もうそんな年になったんだ」その報告を受けた時月日の流れみたいなのをその時実感した。黒板とは子供のころ町内が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
親孝行 ※未完
作者:旬の甘栗 お題:楽観的な死刑囚 必須要素:高校 制限時間:1時間 読者:36 人 文字数:1821字
世の中にはやって良いことと悪いことがあるよ、と教えられた。 例えばお皿を割ってしまった時は謝った。悪いことだからだ。やってはいけないことをしたのだから、自分は 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:のろみの お題:茶色い接吻 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:9 人 文字数:1117字
バレンタインだ!!!周りの男子はあからさまにそわそわしている。みんなやたらと机の中を気にしている。もしかしたらドラえもんでも隠れてるのかもしれないけど大半の男子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite:D お題:遅すぎた顔 必須要素:高校受験 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:886字
「ということで、来年の高校受験用パンフレットに載ることになった。まあ制服とかを紹介している奴だな」「唐突ねえ」「で、スズもという」「強制?」「うん」「はあ。まあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:俺の爆発 必須要素:高校受験 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:866字
俺は今、ある挑戦をしている。この挑戦はとてつもなく高い壁として俺の前に立ちはだかっている。なぜ、こんなにも高い壁に挑戦しているかと言えば、そう。彼女が待っている 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨七 お題:ちっちゃな風 必須要素:高校受験 制限時間:30分 読者:44 人 文字数:1343字
最後の記憶は御国のためにと特攻のため、戦闘機へ乗り込もうとしていたときのこと。がつんと、後頭部に衝撃が走る。目に火花が散り、ぐらりと倒れこむ。一瞬目に映ったのは 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:白鳥八尋 お題:暴かれた失踪 必須要素:高校 制限時間:15分 読者:52 人 文字数:532字
オレンジ色の水滴が、空から降ってきた。 非現実的で変。馬鹿みたいなことだけれど、確かにそう思ったので。僕はぼんやり首を動かして浮かんでいる雲を見上げる。いつも 〈続きを読む〉