すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:RA907 お題:名前も知らないコメディ 必須要素:骸骨 制限時間:4時間 読者:30 人 文字数:573字
牛女の男の像を崇め、その映像を広めることを尊い行いだとする新興宗教は瞬く間に世界を覆い、人々は原因不明の幸せな日々を謳歌していたが、ただ1人、その神を最初に見 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さはらさと@文フリ11月 お題:どこかの情事 必須要素:骸骨 制限時間:30分 読者:36 人 文字数:1664字
スケルトン・イン・クローゼット「知るかボケナス、とっとと帰れすっとこどっこいがぁ」 派手な音がしてゴミ箱が蹴倒される音が響いた。傍らで銀次が顔をあげる。「先生 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:経験のない百合 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:737字
深夜の学校。月の光に照らされ不気味な様子の校舎から、何者かの足音が聞こえてきた。 誰もいないはずの廊下を、歩く音の正体は、昼間は理科室のガラスケースに飾られて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まいりんみたいな闇を抱えるプリン お題:破天荒な本 必須要素:骸骨 制限時間:30分 読者:91 人 文字数:1629字
僕の祖父はいわゆる探検家であったそうで、父親から祖父の話は耳にタコができるほど聞かされた。祖父は満州事変に駆り出された関東軍の兵士で、戦果を上げ参謀の座を実力で 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:誰かの挫折 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:1081字
ある晩、コーヒーかなんかを飲みながらパソコンを眺めていると家のチャイムが鳴った。「ああ、こういう話書いた覚えがあるなあ」私はそんなことを思いながら玄関に向かった 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:こぶた お題:小さな心 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:56 人 文字数:387字
僕もみんなと同じように生きるんだと思っていた。気がついたら置いてかれていて、僕はみんなよりも劣っているんだと気がついた。だから少しでも早く大人になりたいと思った 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:槻木翔 お題:天国の計画 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:49 人 文字数:617字
場所:天国運営総局 設備部 改修課「課長、骸骨に関する撤去要請が昨日だけで32件あります。」朝の定例報告で設備要望係の係長が報告して来た。「しかしあれは、地獄の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ak お題:怪しい想い 必須要素:骸骨 制限時間:30分 読者:57 人 文字数:646字
「あなたの片思いをこの手で燃やしましょう」本の中に挟まれた秘密の手紙のことを私は十数年間忘れたことはなかった。手に取ったそれは、私が博物館に飾られていた時と同じ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:傷だらけの死 必須要素:骸骨 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:967字
その女の子は全身血まみれで死んだ。ああ、その女の子は、私なのだ。骸骨が私に話しかけてくる。「残念でした、アナタは悪魔の気を引いてしまったようですね あなたは、悪 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:フォロワーの海風 必須要素:骸骨 制限時間:15分 読者:92 人 文字数:194字
砂浜で波が引いたり押し寄せてくるたびに、一つの骸骨が見えたり見えなかったりしていた。 頭蓋骨の大きさからもともとは子供であったのだろう、肉の一つもつかずきれい 〈続きを読む〉