すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:39 人 文字数:2490字 評価:1人
生前、嘘をつくと、舌を抜かれて地獄に落とされる。という話をよく聞いた。嘘ついたら舌を抜かれる。嘘ついたら泥棒の始まり。嘘ついたら針千本飲ます。嘘ついたら人さらい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:2583字 評価:0人
崖上へ残った轍は一直線にガードレールへ突っ込んでいて、ブレーキを踏んだ痕もなく、自殺は一目瞭然だった。今は警察車両や作業車が集まって、崖下に落下した車を引き上 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:inout お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:27 人 文字数:3223字 評価:0人
小学校で、帰り道、僕は検察官に会った。もっとも、そうだとは信じることができなかった。よく犬がマーキングしている電柱に財宝が埋まっているのだと言われた方が、きっと 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:** お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:15 人 文字数:2449字 評価:0人
検察庁から近い公園のベンチで僕は濃いブラックコーヒー缶を傾けていた。夜明け前に検察庁を出て、新しい朝の光が連なる雲間から現れ、辺りを照らすのを眺めていた。空気 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:僕と検察官 必須要素: 制限時間:1時間 読者:35 人 文字数:3049字 評価:0人
「検察官の仕事はね、犯罪を犯した人を起訴することにあるんだ。起訴することで、犯罪を犯した人を裁判にかけられるだろう? そうして起訴事実が認められれば、罪を償わせ 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:昨日の彼女 必須要素:自動車保険 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:807字
車上荒らしをならわしにしているわけではないが、こんなジャンクヤードのような場所に辿り着いてしまったなら、やはり使えるモノはないかと漁りたくなってしまうのが、こ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:穢された不動産 必須要素:自動車保険 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:926字
いつだって身を守る行動を取ろうという意欲を持たなければ、死は常に隣に潜んでいることにも気がつかない。それでいいのかもしれないが、自己保存の欲求をそんなに簡単に 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:西瓜くん お題:破天荒な愉快犯 必須要素: 制限時間:15分 読者:20 人 文字数:630字
「きゃあああ!!!」 体が揺れ、自分の体が車に打ち付けられる感覚。 生命から命が溢れるように、際限なく溢れる不愉快で生臭い血の匂い。 弱肉強食の世界でピラミッド 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:Dynamite・ダツ お題:何かの排泄 必須要素:自動車保険 制限時間:15分 読者:35 人 文字数:1054字
犬の小便を引っ掛けられていたとしても、それは別にたいした事故ではなく、ただの不運である。それでも車が汚損してしまったのだから、自動車保険が降りて欲しいとは思う 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:日出詩歌 お題:ちっちゃな少数派 必須要素:自動車保険 制限時間:15分 読者:28 人 文字数:489字
当たり前だけど、僕らちっちゃな少数派は無惨にも多数派に押し潰された。多数派の奴らはどうしても自動車保険には入りたくないらしい。理由は簡単。部費で賄えないから。 〈続きを読む〉