すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの整形 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:7 人 文字数:442字
夜の真っ只中僕は木片を集めたバラック小屋に立てこもっていた。開拓者:「どうしよう…昼の時間にとった豚肉では腹が持たない…」夜にゾンビが徘徊するこの世界では人間は 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
づち ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの整形 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:4 人 文字数:200字
「ロッキーにでもなった気分だ」男は飄々としていた。その冷えた空間には死んで間もない肉塊が大量に吊るされていたが、男はそれらを器用に避けながら奥へと進んだ。まるで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
美の奴隷 ※未完
作者:匿名さん お題:死にかけの整形 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:5 人 文字数:252字
とある国では、おしりが大きければ大きいほど「美」とされていた。お尻に豚肉を入れるおしりをでかくする整形は違法とされているが、法を犯してまで整形する若い女たちがあ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの整形 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:719字
何度も何度も繰り返し、もはや私の事を覚えている人などいないだろう。きっかけはささいな軽口だったが、幼かった私の心には深く突き刺さった。ちょっとぽっちゃりだった子 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:死にかけの整形 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:11 人 文字数:399字
わたしの醜さは全ての悪口によって成っている。コンプレックスなんて抱くはずもない。この世に生を受けてしまったのが間違いであるから、何も感じてはいけないのだ。もうい 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ハチマル お題:美しい孤島 必須要素:豚肉 制限時間:30分 読者:46 人 文字数:714字
僕はひとりだ。と、いうか、何でご飯時に他人と一緒にいなくちゃあならないのかが、とんと理解できない。 誤解なきように言うが、僕は別に友達がいないわけじゃあないの 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:情熱的な男祭り! 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:39 人 文字数:971字
数年前になるが、ボブ・サップが流行った時期がある。まあ今もいるだろうし、たまに見るといい人そうだなって印象ですけども、ただとにかくその当時私が印象的だったのは、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:酒井Pは物書きモドキ お題:バイオ百合 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:773字
「私と付き合いなさい」「嫌ですけど」 先輩風の女子生徒が放った渾身の告白を、後輩風の少女は軽く受け流した。 その様子はあまりにも見事であり、責任受け流し選手権の 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:死にぞこないの境界 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:43 人 文字数:1065字
冷凍庫にうどんを常備しており、日ごろからよく食べている。家の近くにはなまるうどんやら丸亀製麺でもあれば、そういうこともしないのかもしれないけども、でもないので、 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:鯛焼さとかず☀️ お題:少女の私 必須要素:豚肉 制限時間:15分 読者:36 人 文字数:625字
幼い頃、よく可笑しな夢を見た。怪獣に襲われたり、教室を泳いだり。そんな荒唐無稽なお話ばかりだった。 その中で私がよく見ていたのは、豚肉に乗って海を渡る夢。 い 〈続きを読む〉