すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
角煮1 ※未完
作者:匿名さん お題:すごい成功 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:18 人 文字数:488字
諸君、貴君らの人生で最も大きな成功体験は何だろうか。私にとっては間違いなく去年の秋、大学での学園祭での出来事がそれであった。それを語るにはまず、私の最も偉大で最 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:レインイレ 千々色学園2-B お題:凛としたダンス 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:29 人 文字数:155字
谷崎潤一郎! それは昔の小説家、そう……わかんねぇ!!すみませんが存じ上げません!そんなことよりそろそろ俺はVroidの3Dモデルを生かして踊りでもやった方が良 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ドイツ式の復讐 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:19 人 文字数:6字
どこのドイツ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:kam お題:アブノーマルな誤解 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:59 人 文字数:1212字
三年ぶりに実家に帰ってきた姉とイタリアンバルへ行った。帰り道、私はiPodでポルノグラフィティの「アポロ」を聴きながら上機嫌で夜道を歩いていた。酔っていると衝動 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユーリ。 お題:暗い海風 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:573字
少しは懲りたと思っていたのだが、そうではなかったらしい。君が走り出してようやく、私は自分の仕出かしたことに気が付いたのだから。 謝るに謝れずもうひと月も経って 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:ちかやん お題:高貴な王 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:644字
学校の花壇から、金の指輪、銀の指輪がいくつも填められた、しわしわの右手が出ていた。 雪のように白く、何かを求めるように空へと指が伸びていた。 それを見つけてし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ろくなみの お題:100のスキル 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:47 人 文字数:2283字
「ついにここまで来たか……」 彼は俺に対して何も恐れを抱いている様子はない。まるで部屋に出たハエのようにしか思っていないだろう。 廃工場の埃っぽさから思わずくし 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
彼のお薦め ※未完
作者:匿名さん お題:小説の中の社会 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:23 人 文字数:429字
一度読んでみなよそう言って私に文庫本を手渡してくれた彼の顔は、逆光のせいでよくわからなかった。きっかけは些細なことだった。国語の授業で読んだ森鴎外の作品に興味を 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
女同士の夕飯 ※未完
作者:匿名さん お題:女同士の夕飯 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:30分 読者:62 人 文字数:283字
「谷崎潤一郎ってわかる? なんか耽美っていうと春琴抄でしょって雰囲気あるから読んだんだけどさ。あれってアタシらの知る耽美とは違うよね?」 久しぶりに予定を合わ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:DDT お題:刹那の血液 必須要素:谷崎潤一郎 制限時間:15分 読者:63 人 文字数:478字
子どものころから破天荒でならした兄が、結婚すると言い出した。長らく別居中の妻子がいる身でありながら。動転した母親が俺に泣きついてきたので、しょうがない。5年ぶり 〈続きを読む〉