すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:どす黒いクリスマス 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:32 人 文字数:1161字
「今年はどうしたもんかなあ」私は今年のカレンダーを見ながら考え事をしていた。毎年年末年始は実家で過ごすことを生きがいとしている私である。年末の喧騒を喧騒のさほど 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた躍動 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:16 人 文字数:1627字
それは、昔の話。かつて私が、輝いていた時の話。「大して面白い話じゃないですよ。本当の本当に」 どんな話の流れだっただろうか。どうしてか、私の昔話をする羽目にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた躍動 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:14 人 文字数:380字
今日は珍しく暇だった。「あーあ、なんか面白い事件でもないすかねえ」「事件を面白がるな」机に突っ伏してグダグダしている渡貫巡査を先輩の本郷巡査が窘める。「そーはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:匿名さん お題:純白のクリスマス 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:991字
世間でいうところの、今日はクリスマスだ。 黒い灰が一体へと降り積もり、白い地面を黒く染めていく。 いつも、いつも、この日だけは、皆は気が気ではない。 どこから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神とカレー ※未完
作者:匿名さん お題:神の団欒 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:412字
「さて、それじゃあ犯人探しといこうか。」大黒さんが警察役を買って出た。「えぇと、事件について話を聞かせてもらえるかな。」なるほど、聞き込みから始めるとは。いかに 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:安全な世界 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:44 人 文字数:632字
天涯孤独になったのは5歳のときだった。こんな身の上の子どもはめずらしくない。100年くらい前までは、両親やときには長寿の祖父母まで一緒に住んでいる家が普通の家庭 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:まろやかに傾く人 お題:冬の強奪 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:48 人 文字数:265字
働き者のアリと怠け者のキリギリスがいるとする。 夏の間働いたアリは冬でも食料を持ち、キリギリスは夏の間なまけたために冬の食料がない。 だからキリギリスは死んで 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ユリイカ お題:黄色い経歴 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:152 人 文字数:731字
「おたく、すぐ職場やめてるねー、飽きっぽいの?」「いえ、そんなことは……」 オシャレな職場で働いてみたいと受けたネイルのネット販売の会社のあるビルから出る。 ま 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:グリモワール お題:茶色い妄想 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:63 人 文字数:1868字
その日は特にひどい雨だったことだけは、はっきりと覚えている。この惑星はいつでも雨だ。それはどうやらこの惑星の持つ特性のひとつらしく、どうにかこうにかして慣れる以 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:戦争と嘘 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:75 人 文字数:592字
砲弾の怒号が鳴り響く荒廃した都市。そこにあるのは生と死と、本能のままに物を為す群衆。銃を構えることも、逃げ延びることも、全ては等しく欲求に従った行為だった。「ぅ 〈続きを読む〉