すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:地衣 お題:重い瞳 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:14 人 文字数:498字
眼を抜かれたのだと言う。眼を抜かれたのだと、彼女は言う。 行き場は有っても、行くか、止まるか。踏ん切りがつかねぇ儘でこの様。何処へでも行けと待たされた銭は、机 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:破天荒なダンス 必須要素:警察 制限時間:1時間 読者:23 人 文字数:876字
「仕事はおしまいだ。」署長は声を張りあげた。そして、その声を聞くと警察官たちは喜んで万歳をした。ついにあの凶悪犯を捕まえることができたのだ。心配することはもう何 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:青い職業 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:25 人 文字数:451字
子供の頃に警察官になりたいと思ったことはあるだろうか。おそらくあると答えた人は結構いるんじゃないかと思う。 俺も小学生の時はそういう風に思っていた。 おそらく 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:ぐちゃぐちゃのうどん 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:38 人 文字数:373字
陽に照らされたアスファルトの地面にはぐちゃぐちゃになったうどんがあった。二人の警官がその前で立ちすくんでいる。「うわー。これは酷いな」「ああ、残酷だ。あまりにも 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:どす黒いクリスマス 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:80 人 文字数:1161字
「今年はどうしたもんかなあ」私は今年のカレンダーを見ながら考え事をしていた。毎年年末年始は実家で過ごすことを生きがいとしている私である。年末の喧騒を喧騒のさほど 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた躍動 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:40 人 文字数:1627字
それは、昔の話。かつて私が、輝いていた時の話。「大して面白い話じゃないですよ。本当の本当に」 どんな話の流れだっただろうか。どうしてか、私の昔話をする羽目にな 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:捨てられた躍動 必須要素:警察 制限時間:30分 読者:58 人 文字数:380字
今日は珍しく暇だった。「あーあ、なんか面白い事件でもないすかねえ」「事件を面白がるな」机に突っ伏してグダグダしている渡貫巡査を先輩の本郷巡査が窘める。「そーはい 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
未完 ※未完
作者:匿名さん お題:純白のクリスマス 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:53 人 文字数:991字
世間でいうところの、今日はクリスマスだ。 黒い灰が一体へと降り積もり、白い地面を黒く染めていく。 いつも、いつも、この日だけは、皆は気が気ではない。 どこから 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
神とカレー ※未完
作者:匿名さん お題:神の団欒 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:68 人 文字数:412字
「さて、それじゃあ犯人探しといこうか。」大黒さんが警察役を買って出た。「えぇと、事件について話を聞かせてもらえるかな。」なるほど、聞き込みから始めるとは。いかに 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:さなぎ お題:安全な世界 必須要素:警察 制限時間:15分 読者:72 人 文字数:632字
天涯孤独になったのは5歳のときだった。こんな身の上の子どもはめずらしくない。100年くらい前までは、両親やときには長寿の祖父母まで一緒に住んでいる家が普通の家庭 〈続きを読む〉