すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:夏風邪 お題:12月の探偵 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:26 人 文字数:560字
「最近のサンタはずいぶん身を削ってるんだねえ」足元に広がる血だまりを、ズリズリと靴底で引き延ばす。「私、今までいい子だったことないからプレゼントもらったこと無い 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:強い稲妻 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:27 人 文字数:844字
外は曇っていた。「あーあ」私はその日、他人を殺してしまった。その人の家で。知り合い、知り合いではあったが私は最初からなんとなく好かない相手だった。だから他人であ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:笹井結希 お題:名前も知らない汗 必須要素:血痕 制限時間:30分 読者:24 人 文字数:1387字
鉄……鉄の臭いがした。まるで空間そのものを歪ませてしまうかのような、強烈な鉄の臭いが。 家に帰り玄関の扉を僅かに開けた、その瞬間の事だった。僕はその異常に気が 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:小栗ジョン お題:今の魚 必須要素:血痕 制限時間:30分 読者:41 人 文字数:989字
魚は美味い。 美味い。 …美味いのだが、まずい。 何を矛盾したことを、と思われるかもしれないが、まずいのだ、この状況が。「おいテメー、聞いとんのかオラ!?」 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:晴天バーディーズ お題:魅惑の母 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:30 人 文字数:553字
妹がいつの間にかいなくなっていました。彼女のことは家庭で話題にはなりません。母が台所で唐揚げをつくってくれています。食欲をそそる香りが漂っています。私が返ってき 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:墨永 お題:魅惑の母 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:50 人 文字数:421字
僕は母親をあまり覚えていない。父親を戦争で取られて仕方なしに始めたネオン街の仕事は母親では無く女であることを要求していた。ただ美しく見えた女だったとだけ覚えて 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:息子 お題:魅惑の母 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:31 人 文字数:706字
「うちの母さんはそりゃあすごい美人でなぁ」 ハンドルを回してカーブを進みながら、父は言った。「学校中どころか町中の人気者だった。男女問わずモテまくりの勝ちまくり 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:74 人 文字数:2659字 評価:1人
「年末実家に帰省するためのお金が確保できない!」そういってテーブルをたたいた。何の罪もないテーブルをである。ひどい奴だと思う。なんの文句も言わずしゅくしゅくと日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:1862字 評価:1人
「コーヒーにミルクは?」「ミルクだけでいい」 あいにく、牛乳を切らしていて、ありったけのコーヒーフレッシュを空のカップに詰め込んで出した。警部は一度ソーサーに容 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばった お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:50 人 文字数:1857字 評価:1人
皆さんは、金を貸す側と借りる側、どちらが「強い」か、ご存じだろうか。一見すると貸す側が優位なようにも思われる。フィクションでは、いつだって、貸す側が嫌な奴で強 〈続きを読む〉