すべての新着即興小説



ユーザーアイコン
作者:匿名さん お題:同性愛の私 必須要素:血痕 制限時間:15分 読者:3 人 文字数:510字
気がつけば、彼女の事ばかり考えていた。 足から頭にかけて、何度も、何度も見る。 彼女は明るく笑って、話し掛けてくれた。そして、いつの日か、私は彼女の事ばかり考 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:44 人 文字数:2659字 評価:1人
「年末実家に帰省するためのお金が確保できない!」そういってテーブルをたたいた。何の罪もないテーブルをである。ひどい奴だと思う。なんの文句も言わずしゅくしゅくと日 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:29 人 文字数:1862字 評価:1人
「コーヒーにミルクは?」「ミルクだけでいい」 あいにく、牛乳を切らしていて、ありったけのコーヒーフレッシュを空のカップに詰め込んで出した。警部は一度ソーサーに容 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:ばった お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:32 人 文字数:1857字 評価:1人
皆さんは、金を貸す側と借りる側、どちらが「強い」か、ご存じだろうか。一見すると貸す側が優位なようにも思われる。フィクションでは、いつだって、貸す側が嫌な奴で強 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:優秀な消費者金融 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:56 人 文字数:3153字 評価:2人
「消費者金融みたいなもんだって、言ってた……」 最近、下村のヤツはどこか余裕が出てきたように感じる。 大学に入りたての頃のあいつは、やたらにおどおどしていて、「 〈続きを読む〉


ユーザーアイコン
作者:和委志千雅 お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:2857字 評価:0人
子供のころ、幼稚園かな、多分。なんでか知らないけどもマーチングバンド体験をした。お遊戯会の出し物だったのかもしれないけども、まあ、とにかく当時そういうことをした 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:らび お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:43 人 文字数:1830字 評価:0人
妻は死んだ息子に声をかける。気持ちのいい風が吹く丘に建てた墓石に、ではなく、家族三人の笑顔を収めたポートレイトに、でもなく、拡張現実の中に佇む息子に。「クレイ 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:にい お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:47 人 文字数:2439字 評価:2人
私を肥え太らせて肉から皮からすべて利用しようという男は毎日のようにやってきた。体調はどうかと聞き、体の表面を撫でてもうそろそろかなとつぶやき、ああ私も仲間たち 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:hoge お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:40 人 文字数:773字 評価:0人
俺は諜報員。今回の指令はN国への潜入調査だ。 N国は外部との接触が極めて少なく、謎の多い国である。その為、よからぬ噂が流れるのも必然だろう。俺が送り込まれた理 〈続きを読む〉

ユーザーアイコン
作者:雨宮ヤスミ お題:かゆくなる牢屋 必須要素:血痕 制限時間:1時間 読者:55 人 文字数:3054字 評価:1人
赤茶色の鉄格子にはところどころ錆が浮いていて、それがはまった窓が居並ぶ様子は、まるで牢獄のようだった。 隣は鬱蒼とした竹やぶで、曇天の下、風がざわざわとその葉 〈続きを読む〉